2010年05月16日

祭祀権

「祭祀権(さいしけん)」

という権利は結構重要な権利です。

祭祀権とは、「仏壇・位牌・神棚・社祠・墳墓などを

管理し,年忌・法要などを含む祖先の祭祀を

営むべき責任と権限」
なのですが、この権利を巡って相続の際に

財産の分配以上に祭祀権の継承者を誰にするかということで相続人の間で

揉めることがあります。

お葬式の現場では亡くなられた方の遺骨を誰が所有し管理するのかと

いうことで親族間で揉めているところに遭遇してしまったことはこれまでに

何度もあります。

中には相続人それぞれがご遺骨の所有権を主張し、話し合いがつかず

人数分均等に分骨されるケースにも遭遇したことがあります。

他人では想像も出来ない深い理由があってのこととは思いますが、

亡くなった方のご遺骨がこのような理由で分断されるのはなんとも

悲しいお話です。




祭祀権は戦前までの旧民法に定められた権利であり、

その慣習に従い現在の民法(民法897条)では「 系譜・祭具・墳墓

などについては、祖先の祭祀を主宰する者が

承継するもの」
とされています。

つまり、お墓や仏壇などの祭祀を継承するものにとって不可欠な

財産については通常の財産と区別してすべて祭祀継承者が相続するのです。

相続において祭祀継承者の決定は重要な決定となるのです。

ですから、自分の死後の揉め事を避ける為に遺言の作成

オススメします。

そして、出来るだけ遺言には「祭祀権を誰に継承させるか」

明記しておくことは非常に重要なことなのです。

全財産の相続と祭祀に関わる財産と権利については切り離して考え

遺言書にははっきりと明記することが重要です。



ところで、お客さまから「喪主は誰が務めるの?」

というご質問をよくいただきますが答えは

「祭祀権を所有するもの」模範解答なのです。

つまり、「長男」だからとか「次男」だからとかではなく祭祀権を持って

いれば「三男」でも「長女」でも「故人の配偶者」でも良いのです。

祭祀権を継承する者が その家の「跡継ぎ」

いわれる人なのです。














同じカテゴリー(お葬式の知識)の記事画像
子どものお葬式
祖父のお葬式
ペーパレス
造形祭壇
続・ペットロス
続・消えゆく宮型霊柩車
同じカテゴリー(お葬式の知識)の記事
 海の水 川の水 (2018-10-14 09:01)
 煙と匂い (2018-09-23 08:16)
 子どものお葬式 (2018-07-27 08:11)
 おなかいっぱい。 (2018-05-26 17:30)
 ライフイベント (2018-05-17 09:15)
 無感動と無反応 (2018-04-26 09:42)

「お葬式の知識」カテゴリーを一覧で見る

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。