2016年04月07日

ナシ婚 ナシ葬

昭和47年の日本の婚姻数は約109万組で過去最高でした。

団塊の世代の方が結婚適齢期であったのが当時の背景でした。

そして、誰もが結婚式・披露宴を催し、結婚式関連のビジネスは

最高に良い時代でした。

現代の日本の婚姻数は約60万人組です。ピーク時より

4割以上も減っています。その上、結婚式をする人はその内の半数の

約30万組というのが実情であり、30万組を多くの

結婚式関連業者が顧客を奪い合っています。ピークの4分の1の

市場規模では当然のことながら、以前に流行っていた大きな結婚式場の

経営は成り立たず、全国的に閉店をしているのが結婚式を取り巻く

ビジネスの環境です。



結婚式を挙げない結婚のことを「ナシ婚」と呼んでいます。

ナシ婚が増えている理由は授かり婚や再婚で挙式・披露宴を経済的

な理由以外で選択する人が増えています。

ところが、「ナシ婚」を選んだばかりに後から後悔をする人が

近年増えています。

結婚してしばらくの時が過ぎ、

「自分の両親や相手の親に結婚式くらい見せてあげたかった」

という声や

「夫が妻にウエディングドレスを着せてあげたかった、
また妻が着たかった。」

などの後悔が生まれてくるのです。

そして当事者や親からは「カタチに残しておけばよかった」

という後悔も・・・

「冠婚葬祭は無理してもしっかりやっておけ」

という昔からの教えはやはり、貴重なのです。



葬儀においても「ナシ葬」である「直葬」という形態を

選ばれるお客様は年々増えています。経済的な理由でこの形態を

選ばれる方は昔から一定数いらっしゃいましたが、現代はそれ以外の

理由が多いのです。

その結果、「ナシ婚」同様に後から後悔されるお客様も増えています。

お寺様にお経を読んで貰っておけばよかった。

戒名を授けておけばよかった。

せめて、故人の友人・知人だけでもお呼びすればよかった
等々。。。




後悔は先に立たず。

「冠婚葬祭は無理してもしっかりやっておけ」

昔から言われている先人からの教えを無視したばかりに後悔する人を

見ていると本当にナシ婚・ナシ葬を選ぶ時はよく考えて

貰いたいものです。



  

Posted by フューネ三浦 at 09:02 │冠婚葬祭のこと

コメントをする・見る(2)

2016年02月20日

神葬祭の葬儀

多くの日本人は初詣をはじめ、一年を通じて神社に参詣に行きます。

日本土着の宗教である神道は大方の日本人の信仰があり、

日本人が口にする時の「神様」とは神道の観念の支配下にある

八百万の神々たちのことを通常は指します。

この国の歴史上、最も歴史が古く、信仰をしている人が多い宗教で

あるにも関わらず、神道でお葬式をする人は日本全体でわずか3%

にすぎません。

このことは外国の方なら絶対に理解できない日本の摩訶不思議な

ことでしょう。なぜこのような数字になるのかというと、多くの日本の

家には神棚と仏壇の両方が存在し、お祝い事は神様の前で、

不幸は仏様の前でという棲み分けができているのです。

結婚式も神前式ではなく、仏前式というものがあるのですが、

仏前式の結婚式を選択されるのは僧侶関係者以外はほとんど

ありませんし、逆に神職についている方でも弔いは仏様の前で

行う方式を採用する場合があるのです。




神道のお葬式は神社では絶対に行いません。

神道ではケガレを最も嫌い、死体というものはケガレの究極と

捉えており、神道のお葬式は昔は自宅や集会所で行うのが常でした。

現在は葬儀会館が全国各地にありますので神道のお葬式をされる

方にとっては大変便利になったのです。

式次第は神社での各神事と基本的には同じように進んでいくのですが、

細かいところはここに書ききれないくらい違います。

また玉串を神前に捧げる時は作法は基本的に神社での参拝方法と同じ

なのですが、絶対にやってはいけないことは柏手を打つ時に

「音を立ててはいけない」


ということです。音を立てない柏手のことを

「忍(しの)び手」と言います。





最近ではお寺様を呼ばずにお葬式を行いたいというお客様が

代わりに神道のお葬式を選ばれる方が増えています。

そもそも神道の信仰心がある方なら誰が行っても問題はないのです。

但し、お葬式を神葬祭で行って、その後の年忌法要を仏事で行うという

場合は檀那寺のご住職の了承なし行えば、絶対にトラブルになります

ので、事前に良く相談されることをオススメします。





  

Posted by フューネ三浦 at 10:22 │冠婚葬祭のこと

コメントをする・見る(0)

2015年03月23日

食べるという供養

冠婚葬祭において「食べる」ということはかなり重要なウエイトを

占めています。いや「冠婚葬祭とは?」という素朴な質問に

端的に答えるならば「食べること」と答えても間違いは無い

はずです。それくらい食べ物は大切なのです。





2008年3月8日付ブログ記事「ハレとケ」で書いたように

「ハレ(晴れ)」という「非日常」と「ケ(褻)」という普段の生活

である「日常」があり、非日常の時にしか口にできない食べ物が

ありました。

今ではいつでも食べることができる餅、赤飯、白米、尾頭つきの魚、酒

などは本来「ハレ」の日しか食べれなかった神聖な食べ物なのです。

普段食べることの出来ない食べ物の食べれるという楽しみが

冠婚葬祭にはあり、多くの人々は冠婚葬祭は葬儀・法要も含めて

楽しみでした。



葬儀や年忌法要において食べるということはお亡くなりに

なられた人と一緒に食べるという意味合いが含まれており、すなわち

「食べることが供養」に繋がります。日本人の持つ宗教観

には神様・仏様・ご先祖様と食を囲むことを大切にしてきました。

そういった意味では食事をしないということは供養をしていないとも

解釈することができるのです。




ところが、葬儀の葬儀小規模化や簡略化の流れの中で、葬儀や

年忌法要で食事をしない方が年々増えています。年忌法要はするが、

親戚を呼ばないから食事は無し。葬儀の中で初七日のお経もまとめて

したから、食事は無しなどなど。。。

兄弟間で仲が悪いから一緒に食事をしたくない。面倒だからしない。

なんて理由でされない方もあるのです。

上記の理由は現代だからとは言えません。昔からこのような理由は

あるのです。それでも昔は皆さん集まって食事をしたのです。

それはやはり、非日常のお葬式でしか食べられないご馳走があったこと

の影響力は絶大です。

もしも葬儀の時しか食べられない美味しいものが存在したら、

今のように葬儀の後に食事なし、年忌法要の後に食事なしなんてことは

ならないでしょう。




食べることは供養であるということ。

日本人が大切にしてきた民族の文化が少し崩壊しつつあるのです。


  

Posted by フューネ三浦 at 09:28 │冠婚葬祭のこと

コメントをする・見る(2)

2015年02月21日

贈り物

日本には様々な贈り物をする習慣があります。

ざっと挙げてみると結婚・出産・誕生日・結婚記念日・葬儀・お年玉・

バレンタインデー・ホワイトデー・合格祝い・入学祝い・卒業祝い・

母の日・父の日中元・歳暮


本当に年中何かの贈り物をしていることになるのです。

贈りものは必ず、送る相手がおり、送る相手のことを考えて様々な

品々の中から一つないし、数点のアイテムを選ぶことが楽しみである

のです。

基本的には贈り物を贈る動機としては「祝福」という気持ちや

「お見舞い」という気持ちを込めたものが私の本業である

冠婚葬祭の各種行事には欠かせません。

それを形で表すものは贈り物の中でも一番清々しい気持ちにさせて

くれるものです。

残念な贈り物の中に「賄賂」というものもあります。

賄賂の可否は議論の対象外とするとしても清々しさは無いはずです。



私は残念なことだと思っているのですが、最近のギフトの動向として

安易にカタログギフトを選択したり、商品券などの金券を贈る方は

ますます増えています。一見合理的で貰った方は喜ばれるものだと

思うのですが、やはり贈り物は前述のように送る側が送る相手のこと

を思って選んだ品物でなければ、贈り物を贈る趣旨としては何か

間違っているように思うのです。



贈り物は単に人間が人間に贈る物だけではありません。

神様や仏様からの贈り物もあります。

神道の考え方では私たちが普段口にする食べ物はすべて、神にお供えを

した後に頂くものです。お供えを引いて頂くから「お下がり」

とか「引出物」と言われる贈り物です。




様々な贈り物には何かしらの愛情の証であり、

決して金銭では表現できない私たちの心そのものなのです。





  

2013年09月23日

年忌法要

フューネではお葬式のお仕事の他に、年忌法要のご依頼を多く頂きます。

特に、友引で土曜日・日曜日という日にはフューネの葬儀会館も

お寺さまもお葬式の仕事が入らないので、午前も午後も集中します。

本来はご自宅の仏間で行うべき年忌の法要ですが、そもそも仏間が

ないような現代の住宅事情もあり、自宅以外の場所で年忌法要を

営む方が半数を超えてきました。他社の葬儀会館では法要の会場として

貸し出すことをしていない場合があるのですが、フューネでは法事の

利用も全直営会館で行っています。

直営葬儀会館の年忌法要の利用率は年々上昇の一途です。

やはり、便利な葬儀会館を選択されるお客様が増えるのは自然な成り行き

でしょう。



さて、年忌法要と言えば、1回忌・3回忌・7回忌・13回忌・・・

と続いていきます。

一般的な場合33回忌を区切りとして年忌法要は終了です。

33回忌を終わった霊は祖霊として私たちを守ってくれると言われています。

現実的なお話しをしますと33回忌まで年忌法要を営む方はほとんど

いらっしゃいません。余程の代々続く家が故人が若くして亡くなった場合

を除くとほとんど無いと言ってしまっても過言ではないでしょう。

人が亡くなって33年経ってしまえば、亡くなった方の子供すらもう

この世にいないことが多々あります。

一般的に20年を一世代とすると一世代半も時間が経っているのです。

つまり、33回忌は孫が行うかどうか決めなければならないケースが

大半で法要に参加される方々も生きている時にお会いしたことのない

方の法要になってしまいます。

このことから33回忌まで執り行わない方がほとんどで仮に執り行っても

別の方の年忌法要と一緒にしてしまうケースが多いのです。




現実的には年忌法要は子供が親の弔いをするという意思の上で

成り立っています。

昨今では1回忌・3回忌で年忌法要を終了してしまう方もいっらしゃいます。

もっと言えば、年忌法要すらやらない方もいます。

結局、子供が親を弔う気持ちがないと行われない法要なのです。

命の元である親に感謝するのは人として忘れてはならないことだと

思いますが、年忌法要をしないという選択をされるお客様にお会いする度に

どこかおかしいと思うのは私だけでしょうか。







  

Posted by フューネ三浦 at 09:08 │冠婚葬祭のこと

コメントをする・見る(0)

2012年04月26日

冠婚葬祭の必要性

読売新聞が行った世論調査の数字は私自身は感覚的に解っては

いましたが、改めて数字を見てみると本当に世論の意識が

冠婚葬祭の必要性を疑問視する結果になっています。

読売新聞社は2月から3月中旬にかけて冠婚葬祭に関する全国世論調査(郵送方式)を実施した。

 冠婚葬祭を簡素に行う方がよいか、盛大に行う方がよいかを個別に聞くと、「簡素に」との答えは「法要」96%、「葬式」92%、「七五三」86%、「結婚式・披露宴」84%で、いずれも90%前後に達した。

 これらについて、慣習やしきたりにこだわらなくてよいと思う人の割合は、「結婚式・披露宴」78%、「法要」59%、「葬式」58%、「七五三」54%とすべて半数を超えた。冠婚葬祭をめぐる国民の意識は多様化している。

 自分の葬式を仏教式で行う場合、戒名(法名)が「必要ない」と答えた人は56%で、「必要だ」43%を上回った。年代別でみると、「必要ない」は40歳代で最多の63%となるなど、20~60歳代の各年代で多数だったが、70歳以上だけは「必要だ」54%が「必要ない」44%より多い。




「法要・葬式は簡素で良い」

と考えている人が90%を超えている現実は葬儀社の社長に

とって衝撃的な結果です。

お葬式はなぜするのか。

法要はなぜ行わなければならないのか。

そのようなことを今一度見つめ直さないといけないですね。

冠婚葬祭は単調な日々の日常生活の中で、節目、節目に行われる

非日常の大切な行事の結集です。



人が生きていく為には多くの人の支えが必要であり、それに感謝する

ことで冠婚葬祭には「感謝」という意味も含まれています。

世の中に豊かで便利になって行き、一人でも暮らせていける現代の社会では

隣に誰が住んでいても関係なくても確かに生きていけます。

結果、現在のお葬式では本当に一昔前と比べると隣近所の方々の

お葬式の参列は本当に少なくなりました。

まして、法要などは隣近所の方々を招いてお参りをするという事は

本当に珍しくなっています。

そういった意味では簡素でも良いとは思います。

しかしながら、冠婚葬祭の儀式そのものさえも省略してしまうことだけは

やはり、異を唱えないといけません。

冠婚葬祭の儀式一つ一つに意味があり、それを執り行うことで

私たちはその意味を知ります。

その意味では日本人の持つ伝統文化を後世に伝える為には

どうしても省略してしまうとご先祖さまが受け継いできた「文化」が

そこで止まってしまうからなのです。



  

Posted by フューネ三浦 at 09:00 │冠婚葬祭のこと

コメントをする・見る(2)

2009年06月07日

心づけ オマケ篇

前回の記事「心づけ」に続き今回はオマケ篇です。

前回記事で説明したように時代の流れの中で心づけを渡すという習慣が

徐々に無くなってきました。

心づけは支払う側にとっては不明瞭なところが多く、いくら包めが良いのか

わかりにくいものです。いくら「お気持ちで」といったところでも

世間相場から外れているのは「恥ずかしい」という気持ちが働くようです。

昨今の消費者の観点からすれば、「心づけ」の習慣は

不明瞭な料金体系を形成する代表選手であり、

お客様はこうした不明瞭な部分を完全に排除した

明朗会計を望まれているのです。

さて、「心づけ」の習慣が無くなってきているといっても

心づけから生まれた良い文化もあるのです。

例えば、結婚式の花嫁行列の車

対向車がくるとすれ違えないような狭い道で花嫁行列が

後ろに下がると「縁起が悪い」ということで、先導役の方が

相手の車に「心づけ」を渡して道を譲って貰うという文化。

現代ではほとんど花嫁行列を見かけることがありませんので、この習慣も

無くなりつつあります。

特にお祝い事に於いて「心づけ」というのは幸せの一部を関係する皆様に

「おすそ分け」をする要素もあります。

幸せの「おすそ分け」

心づけの習慣から生まれた良い文化です。












  

Posted by フューネ三浦 at 08:59 │冠婚葬祭のこと

コメントをする・見る(5)

2008年12月09日

白無垢





この前の日曜日は妹の結婚式でした。

神社で行なう結婚式は日本古来の伝統に基づいたもので、

最近多くなったキリスト教式や神前式とは違った趣で結構新鮮な体験でした。

さて、神社で行なった時に妹が着ていたものは「白無垢」の着物。

打掛から帯、小物まですべてを白で統一する白無垢は

純白のウエディングドレスにない清楚な感じを醸し出しています。

ウエディングドレスの「白」は清廉さや処女の証という意味の他に

「私を貴方の色に染めて」

いう意味もがありますが、白無垢の白は同じ白でも全く意味が違います。

なんと白無垢の白は「死に装束」の白なのです。

つまり日本文化にあって「嫁ぐ」ということは、

二度と両親兄弟のもとには帰ることができない

ということ。そして以前のブログ記事で書いた通り

「白」は日本においては弔いの色なのです。

原則的に離婚なんて許されなかった頃の白無垢とは

まさに「死ぬ覚悟」の表れなのです

古来の日本の考え方では白無垢の花嫁は

今までの自分を葬るための「お葬式」そのものなのです。

冠婚葬祭におけるお祝い事や悲しみ事はまさに表裏一体

そのことの典型なのです。

純白のドレスが「陽」の色とするなら、

白無垢の白さは、まさしく「陰」の色

同じ白色でも欧米と日本では全く考え方の違う典型例でした。

  

Posted by フューネ三浦 at 09:49 │冠婚葬祭のこと

コメントをする・見る(9)

2008年11月06日

縦文字と横文字

冠婚葬祭業でも最近は横文字の社名や、施設名称が主流になってきています。

特に結婚式場においてはひと昔では〇〇閣とか〇〇殿なんて

名前ばかりでしたが、現在ではこうした名前はもはや死語にちかく、

大方繁盛している結婚式場なんてものは

ご年配の方では一度聞いただけではとても覚えられないような名前の結婚式場も

多々あります。結婚を予定している若い世代では〇〇閣・〇〇殿ではイメージが

「古くさくて」敬遠されがちになります。

冠婚葬祭業にとって施設の名前はかなり重要!!です。

ある結婚式場が〇〇閣から横文字の名前にしただけで売上が前年比の6倍

の売上を達成したという事例もある位ですから。

さて、葬祭業においてはまだまだ結婚式場ほど横文字の施設名の葬儀会館は

少ないですが、最近新しく出来る葬儀会館名は横文字の比率が高くなっています。

ご承知のとおり、フューネは社名が横文字です。

前社名「㈱ミウラ葬祭センター」から

現社名「㈱FUNE~フューネ~」に2005年に社名変更しました。

今、全国的に葬儀社が縦文字の社名から横文字の社名に変更する会社が

多くなりました。そして、大抵元気のいい葬儀社は横文字の社名

のところが多いのです。

葬儀の世界でも縦文字がだんだん「古くさく」なってきていると感じます。

「FUNE」の社名には「Funeral~フューネラル~」という

スバリ「葬儀」
という意味の英単語から採用した社名ですが、

同時に「Future」(未来)と「Next」(次へ)という

意味も掛け合わせています。フューネがいつも葬送文化においていつも「一歩先」

を見据えていられれることが私の願いです。

今後葬儀でも気が付けば「横文字」があたりまえになっていくのでしょう。

そもそも「横文字」は戦後になって始まった文化なのです。

基本的には戦前の日本には「横文字」なんて存在していません。



例えば、上の写真みたいな「戦前の看板」

「昔は何故、横書きをわざわざ反対方向から書いていたのか?」

と思ったことはありませんか。

それは、私たちが横文字に慣れすぎてしまったから。

この看板は縦書きです。

通常の原稿用紙は縦書きで1段20文字書けますが、1段1文字の原稿用紙が

あったらどうでしょうか。

1文字書いたらすぐ次の段に移りますよね。

そうやって縦書きで書けば写真のような縦書き看板になるのです。

文字を横文字で書くという文化がなかった頃の書き方で、当時はこれがあたりまえ。

戦後になって看板を書く方向が変わったのではなくて、

「横書き」という書き方を覚えただけのことなのです。









  

Posted by フューネ三浦 at 09:02 │冠婚葬祭のこと

コメントをする・見る(4)

2008年01月28日

結納



昨日は義理の妹の結納でした。

最近では結納をする人がかなり減ってきました。

かわりに両家が集まって食事だけするケースが増えています。

結婚は当事者同士のものですが、それに加えて

家と家が結びつき新しい親戚付き合いをしていくものです。

結納とは結婚の確約の儀式。両家が親類となって「結」びついたことを祝い、

贈り物を「納」め合うということをいいます。

贈り物の中には様々な縁起ものがありますが、

ご先祖さまへの贈り物も。お線香などを包んで持参します。

ご先祖さままで配慮する気配り。とっても大切なことだと思います。

ご先祖さまがいるからこそ「私」がある。親がいるから今の自分がいるのだと

結納に参加してあらためて考えさせられました。

フューネでは何組もの結婚式をお手伝いさせていただいておりますが、

ご先祖さままで気が回る家族に最近出会うことがほとんどありません。

たまにですが、結婚する若い2人が

ご先祖さままで配慮をしている光景を目にすると感動します。

これから結婚される方は是非、結婚式当日の朝、

お仏壇をお参りしてご先祖さまに結婚の報告をしてください。

きっとこれからの新しい生活を末長く見守ってくれると思います。





  

Posted by フューネ三浦 at 19:55 │冠婚葬祭のこと

コメントをする・見る(2)

2008年01月20日

ご指名

今年に入り私をご指名頂いての法事の予約が早4件。

ありがたいことです。

フューネでお葬式をご依頼頂いたお客様から当時のお葬式を担当した

私にご指名を頂けることは「この仕事を選んで本当に良かった」と思える瞬間です。

実際、お葬式から忌明け・一周忌・三回忌・七回忌・十三回忌と十年以上の

長い間、お客様とお付き合いできるのですから。

現代社会において法事は単に亡くなった人を弔うことにプラスして、

滅多に合わなくなった親戚と久しぶりの歓談の場所。

法事でお会いするお客様に「Aさん一年ぶりですね」と申しあげると

となりのお客様から「私もAさんとは一年ぶりなんだわ」と。

親戚でも会わない人は1年位全く会わない時代です。

冠婚葬祭の文化は人と人を結びつける「役割」があります。

よき日本の文化を守って行きたいですね。

  

Posted by フューネ三浦 at 08:19 │冠婚葬祭のこと

コメントをする・見る(3)