ブーログ › フューネ三浦直樹の「感動葬儀。」ブログ › 

社長が書く「フューネグループ」

2017年07月03日

トヨタ車しかない現実に

フューネグループの車輛部門である

「ゼロナイントヨタ有限会社」では先日、

ベンツの宮型霊柩車を廃車しました。

くわしくはコチラ↓
http://fune.boo-log.com/e409231.html


狙ったわけでもなく、結果的にそうなったのですが、

所有する霊柩車のすべてが「トヨタ自動車製」の車に

なってしまいました。

ゼロナイントヨタ有限会社の霊柩車一覧です。↓
http://zero-nine.jp/reikyuu/car-lineup.html




ベンツやボルボの霊柩車もありましたが、これで外国製の車をベースに

した霊柩車が一台も無くなりました。

ご承知のように、愛知県豊田市はクルマの街と言われており、

トヨタ車のシェアが8割を超えるというトヨタ自動車の

企業城下町です。

普段はトヨタ車に乗っているお客様が、最後に憧れる外国車製の

高級車を揃えておいて、最期に乗って頂けるサービスを提供しようと

ゼロナイントヨタ有限会社を設立した平成15年からずっと外国車の

霊柩車を所有していました。




トヨタ車ばかりになってしまった理由はもちろん、地元でのトヨタ車

の人気はあります。

ですが、それ以上の理由があります。

「壊れない」のです。

特に10年を超えてきた時に高級外国車との強さが違うのです。

通常、私たちがマイカーとして使用する車は10年も所有することは

ほとんどないのですが、営業車であると10年以上の耐久性は

要求します。

古くても毎日ちゃんと整備をすれば、ずっと異常のない状態で

乗れることは車輛を運行する会社としてはとても重要な要素です。




「壊れない」

というトヨタ車の凄さはやはり、郷土の誇りでもあるのです。

ゼロナイントヨタ有限会社は当面の間、所有する車両はすべて

トヨタ自動車製としていきます。



  

2017年06月19日

さよなら宮型霊柩車

2017年4月28日付ブログ記事「続・消えゆく宮型霊柩車」で告知した

とおり、平成15年6月から14年間運行をさせて頂いた宮型霊柩車が

いよいよお別れの時がやってきました。





いざ、お別れの時となるとこれまでの様々な想い出が思いだされてきて

悲しくなります。

14年の間毎日欠かさず手入れをしてくれたこの霊柩車はエンジンルーム

も含めてまだまだピカピカです。

しかしながら、立派な輿の部分の重量を支えてきたエアサスは14年の

歳月の中で限界になり、修理をしても完全には直らない状態です。

宮型霊柩車の需要が無くなってきた現在では、これ以上の延命も

難しいということでの廃車となりました。



道路交通法の改定により、今後はこのような車両は認可が下りない

ので、本当に消えゆく葬送遺産になっていくのでしょう。

さみしいお別れですが、未来にむけてまた新しいお客様に支持を

される霊柩車を導入していきたいと考えています。


  

2017年04月28日

続・消えゆく宮型霊柩車



2016年11月19日付けブログ記事「消えゆく宮型霊柩車」

取り上げましたが、全国的に宮型霊柩車が激減をしています。

全国各地の火葬場で乗り入れが禁止になるところが増えてきたと

いうことも大きな理由の一つですが、お客様そのものの嗜好が変わった

ということが一番の理由でしょう。

ひと昔前では、「霊柩車と判らない霊柩車でお願いします」

ということをお客様から言われました。

これの霊柩車が現在では主流になっている「洋型霊柩車」もしくは

「バン型霊柩車」といわれるものです。

宮型霊柩車が激減している背景に家族葬などの葬儀の小規模化が

あげられます。

装飾の施しが激しい宮型霊柩車は多くの参列者にあの世に行く車として

見て貰うことも目的でしたが、その目的をニーズとして必要しない方が

多くなりました。そして、そもそも「あの世」の存在を否定している

お客様が多くなっていることも原因です。




フューネのクループ会社「ゼロナイントヨタ」が所有する上の写真の

宮型霊柩車も需要の減少と老朽化で、廃止をすることを決定しました。

あと1ヶ月は運行の予定ですが、長年活躍した車両が無くなるのは

とてもさみしいことです。

プラチナ箔を使用した贅沢で気品のある霊柩車でした。











  

2015年07月29日

歴史価値!? 宮型霊柩車

フューネのグループ会社「ゼロナイントヨタ」の所有する

ベンツSクラスのプラチナ宮型霊柩車が希少的価値がある

ということで、取材をうけました。













通常の金色を多用した宮型霊柩車と違い、プラチナ箔を使用した

高級な仕様となっている霊柩車です。

どことなく落ち着きがあり、貫録充分な霊柩車です。



今回の取材は霊柩車の写真集として後世に残す貴重な資料として

出版される予定です。

名古屋市の新しい火葬場も宮型霊柩車の乗り入れが禁止され、

さらに家族葬で会社や近所の方々に内緒でされたい方には人気が

無くなってきた宮型霊柩車ですが、興に乗ってあの世に行くという

葬送文化の中では非常に価値が高いものがあります。

輿は古来より、神様や高貴な方の乗り物であり、一般庶民にとっては

憧れの乗り物です。幾多の困難を乗り越えて生きてきた最後に

輿に乗せてあげるのは故人に対する最大級の敬意でもあるのです。



このままではいずれ宮型霊柩車は消滅をしてしまうでしょう。

歴史的な価値の高いこの車を維持していく為には我々のメンテナンス

も大切ですが、そもそもお客様からの需要が最も大切なのです。








  

2015年07月19日

日本遺産

フューネは昨年、福井県小浜市に福井支店を設立し、主に

広告代理店業務をしています。

今回、福井県小浜市・若狭町の

「海と都をつなぐ若狭の往来文化遺産群~御食国若狭と鯖街道~」

が日本遺産第1弾に認定されました。

【日本遺産とは】
 文部科学省が平成27年度に創設した国の新制度。
 日本の伝統や文化を世界にPRする「クールジャパン」戦略の一環で、国内の文化財を共通の特徴ごとにまとめて認定し、国内外に発信することで、地域の観光振興など活性化につなげることが目的です。
 4月24日(金)に第1弾として18件が認定、発表されました。


これを受け、フューネ福井支店が日本遺産の広告業務の一部を

受注し、この度、デザイン制作をしたポスターが完成しました。

これが下の写真




小浜に行ってみたくなるようなイメージと日本遺産の権威を

表現できたかなと思っています。

これからも日本遺産のPRがお手伝いできればと思います。




お葬式で培ったノウハウを広告の部分に落としこんで始めた

広告代理店業ですが、徐々にお仕事が増えています。

これからも様々な地域や会社の発展に役立てればと思います。



福井県小浜市。今の季節は最高のベストシーズンです。

歴史的な建造物もあり、海もあり、そして海産物の美味しい小浜市に

一度足を運んでみてはいかがでしょうか。





  

2015年05月08日

5月10日は母の日

今年は5月12日は母の日です。

フューネのグループ会社「花一」は連日母の日にむけて

特別販売中です。








カーネーションや寄せ植えなど各種取り揃えていますが、

花一名物「バルーンフラワー」は毎年予約が集中します。

こちらがご希望の方がお早めにご予約ください。












〒471-0879
愛知県豊田市長興寺10-17-1 
TEL 0565-32-8877
FAX 0565-35-8330

  

2014年02月16日

大雪のハプニング

2月14日はバレンタインデーでした。今年はチョコレートのプレゼントでは

なく、空からの雪のプレゼントでした。東京方面では記録的な

大雪を2週連続で記録するという温暖化が嘘のような珍事に大騒ぎです。



フューネの本社前の坂道は勾配が比較的急な坂道で、大雪が降ると

タイヤがスリップして登れなくなる難所です。今回はギリギリに

登れることが出来ていました。しかし、ほとんどがノーマルタイヤ

しか履いていない車ばかりですから、ノロノロ運転は仕方ありません。








今回の大雪でも予期せぬハプニングはいろいろと発生しました。

朝一番の雪の激しい時の出棺のお客様は雪の為に火葬場行きのタクシーが

手配することが出来ませんでした。急遽フューネの担当者が火葬場まで

社用車で送迎することで事無きを得ましたが、2014年1月24日にブログ

「火葬場へはバスで行こう」
に書いたばかりの理由でパプニングが

起きてしまいました。

その他、同じくタクシーが捕まらないという理由でお寺様が枕経に来ることが

出来なかったりしました。さらに、こういう時に限って霊柩車の長距離搬送の

依頼があり、大阪まで搬送することになりました。幸い道路の雪がほとんど

溶け一部の高速道路のみ通行止めという状態でしたから対応も簡便に

済みましたが、あと少しでぞっとする結果になっていたかもしれません。




いつも思うのですが本当に人の生死は待ってくれません。

「たとえ火の中、水の中」という格言がありますが、

葬儀の仕事は「たとえ暴風雨の中、大雪の中」といった

感じです。私たちは仮に東日本大震災並みの災害に見舞われても

仕事を中止する訳にいかないという社会的使命を持っています。

大変な時こそ、真価が問われる葬儀社の役割なのです。

とはいえもう今年は大雪は勘弁願いたいものです。

せめて、一年に一回。2回目は嫌ですね。























  

2013年10月19日

新型クラウン霊柩車

霊柩車の運行・貸切バスの運行を事業にしている

フューネのグループ会社「ゼロナイントヨタ」

新型のクラウンを改造して製作した新しい霊柩車が加わりました。











クラウンと言えば、トヨタを代表する車種であると同時に、フューネ本社

からわずか2KM先にあるトヨタ自動車元町工場で作っている豊田市が

誇る工業製品です。この地元が誇る人気車種を6か月かかって改造しました。

おそらく、ゼロナイントヨタの霊柩車のなかですぐさま一番人気になる

と思います。豊田市においてクラウンの霊柩車はもともと大人気なのです。

それに加え、今回の新型の霊柩車はまだまだ日本でも10台あるか

ないかです。ピンクのクラウンよりも希少性は勝っています。

愛知県では今のところこの一台のみです。



もしも時は是非、クラウンの霊柩車のご指名をお待ちしています。


  

2013年08月04日

夏休み 2013

最近、出張やら各種イベントの打ち合わせやらでかなりお疲れ気味で、

夏バテ状態でした。気分転換に涼しいところに行きたいと急遽、

予定の空いた2日間を利用して夏休みをとって涼しいところに行ってきました。



まずはらーめん。





岐阜県高山市といえば、中華そばということで「宮川らーめん」へ。

地元では老舗で有名店です。素朴な味でした。




高山の古い街並みを散策した後、目的である涼しいところへ。

奥飛騨温泉郷の福地温泉に行ってきました。

ここに来るのは3回目ですが、大自然以外何もないところが良いのです。

時間の速度がゆっくりになり、日頃の疲れが癒されます。

今回の宿は「いろりの宿かつら木の郷」

以前に泊まったことがある宿ですが、のんびりできる上に

食事も美味しいのです。


客室から景色は緑が美しく、



部屋にも囲炉裏があるこの温泉宿がお気に入りです。



夕食と翌朝の朝食は囲炉裏を囲んで、夏でも炭の暖かさが心地よいのです。



翌日は上高地へ。天気も良く名古屋の気温が35度の中、

24度の快適さで満足です。5月くらいの清々しさでしょうか。






良い気分転換になりました。

たまにはのんびりしないといけないと思った夏休みでした。
  

2013年07月09日

貸切マイクロバス



フューネのグループ会社「ゼロナントヨタ」のドライバー付き

貸切マイクロバス事業のホームページを公式ホームページから

独立して開設しました。


コチラをクリック↓
http://www.toyota-bus.com/


年々、マイクロバス事業のお客様の需要が増えてきましたので、

もう少し、解りやすいホームページに切り替えることが目的です。





ゼロナインのマイクロバスは様々な用途でご利用いただいております。

•豊田市内飲食店へ。法要や宴会での送迎に。
•友人や家族、サークルでの旅行に。
•子供会の遠足やイベントに。
•学校の先生へ。部活の遠征に。
•敬老会、町や区の集まりでの団体旅行に。
•ビジネスシーンで、会社の企業研修や慰安旅行、出張での送迎に。
•ゴルフコンペの送迎に。
•イベント会場へのピストン送迎に。


上記以外でも、「こんな使い方、できますか?」と、お気軽に

ご相談いただければ幸いです。


一度、ご利用頂いたお客様からのリピーターが圧倒的に多いのは

フューネが全国葬儀社納得度ランキング日本一

輝いたサービスをそのまま、マイクロバス事業に転用しているからだと

思うのです。開業以来10年間一度も人身事故ゼロという安全性は

もちろん、加えて「おもてなしの心」は他の事業者に負けません。



皆さまのご利用を心よりお待ちしてします。








  

2013年05月08日

母の日に向けて。



5月12日は母の日です。

フューネのグループ会社「花一」は連日母の日のお花で大忙し

おかげさまで今年もたくさんお客様にご来店頂いています。





愛知・岐阜・三重県の皆さまにお知らせです。

5月10日(金)17時15分ごろからCBCテレビ

夕方の報道情報番組「イッポウ」にて約5分程の生中継

予定されています。

取材は母の日前の花屋さんの様子ということで、

「花一」名物「バルーンフラワー」を作っている様子や

レインボーのカーネーションなどのご紹介を予定しています。

但し、当日、大きな事件・事故により急遽放送の取りやめということも

ありえます。その際はご容赦くださいませ。



さて、花一の今年のイチオシ商品をご紹介します。

 

名物「バルーンフラワー」金額:4,200円・5,500円・7,000円の3種類
(写真は両方とも4200円)




「母の日オリジナル風船入り花束」3,675円です。


詳しくは花一のホームページをご覧ください。
http://www.hana1.ne.jp/osusume_haha.html



有限会社花一 大林店
営業時間 9:00 ~ 19:00
所在地 〒473-0902 愛知県豊田市大林町15-2-5
TEL 0565-26-8877  FAX 0565-26-8897
  

2012年09月12日

長距離搬送

死は突然やってくるものです。

どんなに健康な人でも、突然の身体の変調で最悪の場合は死に至りますし、

突然の災害や事故で命を落とされる方もいらっしゃいます。

また、亡くなる場所も様々です。

不幸にしてお亡くなりになられた場所がお住まいの近くならば良いのですが、

中には旅先で、出張先でという方や故郷を離れ、病気療養の為に地縁のない

場所でお亡くなりになられるケースがあります。

そのような時は、遠く離れた自宅までご遺体を搬送しなければなりません。

霊柩車での移動が一般的ですが、場合によっては飛行機や船を使用して

搬送をします。

霊柩車各社とも対応はまちまちですが、400kmを超える距離では、運転手が

2名以上必要になったり、駅伝方式で霊柩車から霊柩車へ

せ換えて運びます。





フューネのグループ会社「ゼロナイントヨタ」では、

霊柩車の長距離搬送の「業務を受け持っています。

ご遺体を「一刻も早く故郷に連れて帰りたい」と思う

お客様のニーズに対応する為に、時として夜を徹して走ります。

途中の休憩の際も霊柩車にご遺体が乗っている状態では、

車を離れることもできません。

やはり、通常の貨物とは違うのです。

長距離の場合はご遺体の保全にも気をつけます。

車の振動でご遺体が傷ついたりしないように、また腐敗が進まないように

細心の注意が必要です。




人が亡くなる場所はできることならば、自分の住んでいる町が良い。

見知らぬ町での死はどこか孤独を感じますから。
  

2012年05月10日

5月13日は母の日



フューネのグループ会社 「花一」は現在「母の日」にむけて

特別販売体制中です。

只今、母の日に向けて大忙し!!

花屋さんの小売り部門は一年で一番忙しい季節です。



下の写真は大林店の「母の日」特設テント



今話題の青い胡蝶蘭も数量限定であります。






まだ、母の日のプレゼントを決めていない方は是非、花一まで。

全国どこでも配送を承ります。




有限会社花一 大林店
営業時間 9:00 ~ 19:00
所在地 〒473-0902 愛知県豊田市大林町15-2-5
TEL 0565-26-8877  FAX 0565-26-8897



  

2011年05月03日

5月8日は母の日

今年の母の日は5月8日

フューネのグループ会社「花一」では今年も母の日に向けて

特別販売体制を敷いています。





花一大林店では店内だけでなく外に特設のテントを設け数多くの

種類から選んで頂けるようになっています。







花一のブログにも母の日の記事があります↓
http://hana1shop.com/hpgen/HPB/entries/60.html





また、イオン豊田店で西側の駐車場側入り口にて、

母の日当日まで臨時出店をしています。

イオンにお立ち寄り頂いても購入できます。

是非、母の日のお花は花一でご購入をお願いします。



「花一」大林店
営業時間 9:00 ~ 19:00

所在地  愛知県豊田市大林町15-2-5
TEL 0565-26-8877  FAX 0565-26-8897
  

2011年02月04日

花一のブログ



フューネのグループ会社「花一」のブログが実はあります。

ブログはコチラから↓
http://hana1shop.com/hpgen/HPB/categories/1418.html

是非、覗いてあげてください。




そして、このブログはインターネットでお花が買える

オンラインストアの中にあります。


オンラインストアへ→http://hana1shop.com/

オンラインストアでは花一の名物「バルーンフラワー」

購入できます。

 

遠隔地にも配達ができるので是非、一度何かの記念日のプレゼントに

送ってあげてみてはいかがでしょうか。

オンラインストア・ブログともこれからもよろしくお願いします。
  

2010年12月07日

プリウスの霊柩車 その後



10月より、新商品として導入させて頂いたプリウスの霊柩車

早いもので導入して早2ヶ月が経ちました。

おかげさまで多くの方より、ご好評を頂いています。

新聞やテレビで取り上げられたおかげで、豊田市のみなさまがプリウスの

霊柩車に対して認知度もかなり高いものとなりました。

お葬式の打ち合わせの際に喪主様はじめご遺族の方から

「新聞に載っていたいたプリウスを」

と霊柩車の説明をする前に「指名買い」を頂くお客さまも

いらっしゃいました。  大変ありがたいことです。




また、トヨタ自動車の工場のラインでプリウスを製作をされている方が喪主を

務められた時はリムジン型のプリウス霊柩車に大絶賛でした。

自分の作っている車の霊柩車の完成度に高い評価を頂くと同時に、

霊柩車製造の様子を事細かにご質問されました。

さらにご弔問のお客様も喪主様の同僚の方は興味津々で中には

写真を撮られる方もいらっしゃいました。

工場でプリウスを作っている方が霊柩車のプリウスをご使用になられるお客様

が多いのはまさに車の街「豊田市」ならではです。





フューネの葬儀会館ではお葬式の際でも葬儀閉式後、出棺までの待ち時間に

ご参列のみなさまが車を取り囲んでいる光景に何度も出会いました。

まだまだ、「霊柩車は黒色」という固定概念にとらわれた方々ばかりで

白色の霊柩車に驚かれる方ばかりです。




現在のところプリウスの霊柩車は1リットルあたり22キロ

低燃費を実現しています。

これは想定していたよりも燃費がよく、既存の霊柩車の1リットルあたり5キロ

くらいしか走らない車と比べても大変エコロジーなことが実証されました。



こらからも豊田市の街を白くて長いプリウスが走ります。

あの長さは絶対に判りますから。見逃さないでください。












  

2010年10月08日

プリウスの霊柩車

フューネグループの霊柩車運行の会社「ゼロナイントヨタ」 

新しい霊柩車が加わりました。









プリウスの霊柩車です。

愛知県初 第一号のプリウスの霊柩車です。

地元、豊田市の代表する名産品!?であるハイブリットカの

プリウスをリムジン仕様に改造し、このスペックで

1リットルあたり20kmの低燃費を実現しました。

製作中の記事はコチラ⇒http://fune.boo-log.com/e96931.html

10月1日付中日新聞朝刊豊田版にも記事として掲載されました。



10月7日付新三河タイムスにも掲載されました。




今回のプリウスの霊柩車に代表されるようにこれからのお葬式は

エコにも配慮した商品が多数出現してくる予感がします。

今回フューネではプリウスの霊柩車とダンボールで出来ており

CO2の削減に貢献できるお棺「エコフィン」とのセット販売を

推奨して参ります。

車の街、豊田市で走る霊柩車をどうしてもトヨタを代表する自動車を

導入したくて決断した今回の新霊柩車。

この街の名物になってくれればと思います。

もしもの時は是非、プリウスの霊柩車をご指名ください。  

2010年09月27日

美人亭のブログ


フューネのグループ関連会社「美人亭」のブログがスタートしました。

こちらからご覧ください。→http://bijintei.boo-log.com/

美人亭は各種宴会のご予約を中心に

法事料理のご予約仕出弁当のご予約

受け付けています。

完全予約制のお店ですので、必ず予約をしてからのご利用となります。

是非、ご利用の程よろしくお願いします。




これから、美人亭での特色を少しずつブログでご披露できると

思いますのでお楽しみください。

私の「感動葬儀。」ブログ同様のご愛顧を宜しくお願いします。





  

2010年09月15日

運行管理者講習



先日、フューネのグループ会社ゼロナイントヨタの霊柩車と

マイクロバスの運行に必要な運行管理者という国家資格の選任者が

2年に一度必ず受講しなければならない講習を受けてきました。

車両の運行を安全に運行する為の法律は毎年変わっており、

また重大事故が起きる度に規制が厳しくなるのです。

その為に運行管理者が知っていなければならないルールを学ぶ機会が

2年に一度必ず設けられているのです。

今回は来年4月1日より施行される規則で事業者は点呼の際に

アルコール検知器を用いて酒気帯びの有無を確認することが

義務化されるというお話しがありました。

プロのドライバーとして、飲酒運転など決してやってはいけないのは

当たり前のことですが、残念ながら全く無くなることがないのは

さみしいことだと思います。

幸い、ゼロナイントヨタは創業以来大きな事故が無く車両を運行しています。

これからも安全に運行できるよう細心の注意を払って運行して参ります。




霊柩車や火葬場行きのバスがもし事故に巻き込まれたら・・・

あなたにとって大切な方との本当に最期のお別れに立ち会うことが

出来なくなってしまうことも時としてあり得ます。

そんなことにならないように細心の注意を払い運転することも

「感動葬儀。」を形成する重要な要素です。  

2010年08月02日

沖縄にて製作中

フューネのグループ会社「ゼロナイントヨタ」の新しい霊柩車を

現在、沖縄にて製作中です。

現地の工場から進捗状況の報告がありました。











完成は9月下旬頃

どんな霊柩車になるのかはまだ秘密

お楽しみに。