2013年12月18日

キラキラネーム

希星(きらら)・絆星(きら)・来桜(らら)・月(あかり)・天響(てぃな)

・緑輝(さふぁいあ)・火星(まあず)・葵絆(きずな)・姫星(きてぃ)


など、本来の音読み・訓読みでは到底読めない名前を

キラキラネームと言います。

まるで高度な連想ゲームをしているかのような解読に閉口してしまう

こともあります。

このようなキラキラネームを持った最初の世代がいま新社会人に

なりつつあるということです。

名刺においても間違いなくフリガナがないと読めない名前というのは

どうなのでしょう。個性的で一発で覚えてくれるのか、それとも

ビジネスに不利に働くのかなんとも見解が分かれるところです。




以前ある雑誌でキラキラネームを名付けた親のコメントが載っていました。

「子供の為に悩んで悩んで、心を込めて名付けた名前を周りの人は

正確に読んでくれない。これでは子どもがかわいそう。ひどいと

思いませんか。」

親が子供の成長の願い心を込めて名前を付ける気持ちは共感できる

のですが・・・

現実は何かと問題があるようです。




キラキラネーム世代が社会に出てくるということは、葬儀の焼香順位も

フリガナを必ず付けて頂かないと困るのです。

昔なら、「幸子」という名前を「さちこ」なのか「ゆきこ」なのかと

いうような漢字が簡単すぎて読み方が解らないという問題でしたが、

これからはもっと別の次元になっていくのです。

キラキラネームが多くなれば、漢字で書いて貰うのをやめて、すべて

カタカナの原稿を頂いたほうが余計な先入観を持たずに済み、間違い

が起きないような気がします。
















同じカテゴリー(日々いろいろ)の記事画像
すいかのお線香
ペット用のお仏壇
高齢者は75歳から
2017年 明けましておめでとうございます。
2016年大晦日 今年もお世話になりました。
さばバス
同じカテゴリー(日々いろいろ)の記事
 鹿島神宮のクレジットカード (2017-09-04 08:22)
 定年 (2017-09-02 08:12)
 続・遺灰ビジネス (2017-08-25 08:09)
 ロボット導師 (2017-08-21 08:24)
 お盆と「あの世」の存在 (2017-08-11 08:24)
 行列 (2017-08-09 10:54)

「日々いろいろ」カテゴリーを一覧で見る

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。