2012年04月06日

さくら

「春が来た」と感じるものは多いですが、日本人にとって

「春」を実感できるものは何といっても「さくら」でしょう。

特に今年は寒い日が長く、さくらの開花が遅れていた為に喜びも

ひとしおです。






先日、日本からアメリカ合衆国の首都、ワシントンD.C.に贈られた桜が

満開になったというニュースが報道されていました。

桜が贈られてから今年でちょうど100年目になるそうです。

第2次世界大戦中、敵国である日本から贈られた桜を切ってしまえ、

という危機もあったそうですが、なんとか守り抜いたおかげで

今ではワシントンD.Cのポトマック河畔の桜並木は、

世界の桜の名所の一つになっています。




ところでニュースの映像を見ると日本とは何かが違うのです。

満開の桜の美しさは同じなのですが、多くの人々の鑑賞の仕方が違うのです。

つまり、アメリカ人は満開の桜並木を通過するだけで、日本と違って花の下で

宴を開くことはないのです。

ではなぜ、日本人は桜の木の下でいわゆる花見の宴を開くのでしょう。

それは、さくらの花には「神が宿る」という宗教感が

基になっています。

さくらの語源を辿ると「さ」は神霊を意味する言葉で、

くらは「座」

つまり、さくらは神の座る椅子なのです。

ちなみに神霊を表す「さ」がついているもので有名なものは酒でしょう。




桜の下で宴会を開く行為は神と人が共食する儀式で、神と人、

人と人の連携を強めるという宗教感に基づいた風習が今日まで続いて

いるのです。

さくらの花が多くの日本人にとって特別な花であるのは、

その咲き方や季節感も重要ですが、そこに古来よりの宗教感が

含まれているのです。




同じカテゴリー(四季を愛でる)の記事画像
今年は「金」
2012年 あけましておめでとうございます。
2011年 大晦日 今年もお世話になりました。
今年はやっぱり「絆」
初盆
突然の大雪
同じカテゴリー(四季を愛でる)の記事
 今年は「金」 (2016-12-19 08:15)
 見えないものと繋がる お盆 (2015-08-16 09:00)
 昔の夏とは違う (2014-08-29 09:04)
 人は二度死ぬ。 (2012-08-13 09:00)
 熱中症 (2012-08-09 09:00)
 2012年 あけましておめでとうございます。 (2012-01-01 09:03)

「四季を愛でる」カテゴリーを一覧で見る

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。