ブーログ › フューネ三浦直樹の「感動葬儀。」ブログ
2020年04月19日

加速し始めた少子高齢化社会

厚生労働省が昨年12月24日発表した2019年の人口動態統計の

年間推計で日本人の国内出生数は86万4千人となり前年比で

5.92%減と急減し、1899年の統計開始以来初めて90万人を

下回りました。

出生数が死亡数を下回る人口の「自然減」も51万2千人と

初めて50万人を超えました。

私の住んでいる愛知県豊田市の人口よりも多い51万人が

たった一年間で日本からいなくなってしまうという現実はなかなか

衝撃的であり、国も放置できない水準であります。

単純に人口が減るということは消費が減るということです。

消費が減るということは経済が衰退するということに繋がりますから、

人口が減るということは実はとても恐ろしいことなのです。




人口が減るのにお亡くなりなられる人が増えていくということは当然に

残された人々の負担が増えていくということです。

このような時代の背景が葬儀の小規模化・簡素化に流れになって

きています。

葬儀社の社長として言わせて貰えるのであれば、葬儀の小規模化は

仕方ないことだとしても、葬儀の簡素化は納得できるもの

ではありません。

お金をかけなくても出来る弔いの方法はたくさんありますが、

葬儀の小規模化という理由にかこつけて、「簡素化」を推進して

しまっているのです。

親をおくるこころは「簡素化」ということばとは相性は悪いはず

なのですが、昨今の葬儀の世情を鑑みるとどこかおかしい方向に

進んでいるような気がしてならないのです。
















  

「お葬式の知識」カテゴリーを一覧で見る

Posted by フューネ三浦 at 14:07 │お葬式の知識

コメントをする・見る(0)

2020年04月08日

「備えあれば患いなし」とはいかず。新型コロナウィルスの対応

新型コロナウィルスの猛威は本日現在、先が見えずに不安や恐怖が

日に日に増すばかりです。

国民的コメディアンの志村けんの死は新型コロナウィルスをどことなく

他人事と捉えていた人々に恐ろしさを知らしめる警鐘となり、著名人の

死の影響はとても大きい衝撃でした。

重症化すると死までの期間がとても短く、昨日まで普通に会話を

していた人が翌日には亡くなっているという現実はとても

ショッキングなことであり、遺族の方が恐ろしいのは死ぬことよりも、

発症しても家族にも会えず、亡くなっても顔をみることも叶わず、

本人も家族を孤独を味わって逝くという最期は人生の終わりとして

とつもなく無残なことだと思います。



葬儀社は「死」を扱う以上、新型コロナウィルスに感染しお亡くなりに

なられる方からの葬儀を依頼を想定しなければなりません。

日本国内で初めて新型コロナウィルスに感染した人が発生した

2020年1月中旬にはもしかしたらいう状況を想定しはじめました。

実際にお亡くなりになられる方が発生しても、新型コロナウィルスに

罹患したご遺体の処置の方法を解らない状態でした。

2月末に名古屋市の火葬場が受け入れのガイドラインをリリースし

ご遺体を密封した専用の袋(納体袋)に入っていることが受け入れの

条件であることが解りました。火葬においては死から24時間以内は

火葬をしていけないという法律があるのですが、法定伝染病は

この原則の例外ですぐに火葬をしなければなりません。

新型コロナウィルスは法定伝染病扱いで例外かどうかという情報も

2月の中旬頃に厚生労働省がやっと発信しました。しかしながら、

発信した情報だけでは重要な情報がほとんど反映されておらず、

これだけでは現場が混乱してしまうレベルでした。

足らない重要な情報は地元の保健所や医療機関と確認して

いざという時の対策を練ってきました。




新型コロナウイルス感染症で死亡した人の遺体を医療機関が

葬儀業者に引き渡す際には、感染していたことについて

伝達を徹底するよう求める事務連絡を全国の自治体に通知したのは

志村けんさんが亡くなったというニュースが流れた3月30日です。

葬儀社の立場からいえば「遅い」の一言につきますが、現場の混乱を

考えると仕方がないという側面は理解はしています。

しかしながら、ご遺体の処理の方法という点において

「備えあれば患いなし」とはいきませんでした。

備えがないことで一番被害を受けるのはいつも現場にいるスタッフ

なのです。

それでも新型コロナウィルス発生から3か月以上が経ち、

当初全く無かったマスクや防護服・納体袋もなんとか確保でき、

国や都道府県・医療機関・火葬場との新型コロナウィルスの

ご遺体の取り扱い方の情報の伝達・共有も整ってきました。

備えはやっと整いつつあります。

準備ができた安心感はありますが、準備したものを使うことが

ないことを祈らずにはいられません。

犠牲者を最小限に抑えること、一刻も早い収束を心より願っています。






























  

「お葬式の知識」カテゴリーを一覧で見る

Posted by フューネ三浦 at 09:19 │お葬式の知識

コメントをする・見る(0)

2020年03月17日

松坂屋 豊田店 オープン

3月13日、金曜日に松坂屋豊田店の6階に

「感動葬儀。」フューネ葬儀仏事サロンをおかげさまで無事に

オープンすることができました。

新型コロナウィルスの影響もあり、接客する私たちがマスクを

着用するという異常な状態でも多くのお客様がご来店頂きまして

本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

同時に「地元」に出店をしたことを本当に実感をするお客様からの

ありがたい言葉をたくさん頂きました。

これからも地域の皆様に愛されるお店を目指して精進して参ります。

末永いご愛顧どうぞよろしくお願いいたします。

























  

「イベント&ニュース」カテゴリーを一覧で見る

Posted by フューネ三浦 at 15:12 │イベント&ニュース

コメントをする・見る(2)

2020年03月05日

3月13日 松坂屋豊田店にオープンします。

この度、3月13日午前10時・松坂屋豊田店6階

「感動葬儀。」フューネ葬儀仏事サロン

オープンすることになりました。

仏壇店としてはイオンモール長久手店・イオンモールナゴヤドーム前店

に続き3店舗目をなります。

そして、今回はフューネとして百貨店に初出店であり、フューネの

創業の地である豊田市の駅前に出店できますことは本当に感慨深い

ものがあります。

13日・14日・15日はオープニングセールを開催します。

時節柄、外出を控える時期とは思いますが、是非ともご来店を

お待ちしております。




  

「イベント&ニュース」カテゴリーを一覧で見る

Posted by フューネ三浦 at 08:32 │イベント&ニュース

コメントをする・見る(0)

2020年02月27日

接客業とマスク

新型コロナウィルスの対策として、多くの人々がマスクを着用する

光景は、平時の時の常識では異様に見えるのですが、マスクを

着用しなければ、鉄道やバスの乗車拒否・入店拒否を中国でして

いる現況では「マスクを着用する」ことが常識なのでしょう。



しかしながら、接客業では長年マスクを着用して接客することは

タブーと言われてきました。多少発熱があっても、咳が出来ても

マスクを着用することは認められませんでしたが、今回の新型

コロナウィルスの蔓延では、これまでに「マスク着用」は原則

あり得なかったホテルや百貨店もも従業員にマスクを着用を

解禁しました。

マスクを着用して接客するということはまずは声がこもって

効きにくいということ、そして接客するときに笑顔でのサービスが

できないことが着用しない理由の大きな要因です。

加えて言えば、マスクを着用するということは自分自身をお客様

の前でさらけ出していないということになりお客様が不快に思う

原因となるのです。




葬儀の現場でもこれまではマスクの着用は基本的NGでした。

接客サービス業であるということが一番の理由です。

また、葬儀社の担いとして、時には腐乱状態のとんでもなく

悪臭を放つご遺体を処置するときもマスクを着用することを

許されなった時代もあるのですが、逆にこれからは公衆衛生の

観点からNGになっていくと思います。

「接客業はマスクをしてはならない」

という常識がこれからは変化していくでしょう。








  

「日々いろいろ」カテゴリーを一覧で見る

Posted by フューネ三浦 at 10:17 │日々いろいろ

コメントをする・見る(0)

2020年02月03日

新型コロナウィルスの裏で

中国、武漢から発生した新型コロナウィルスの猛威が世界中の人々を

恐怖に落としいれています。

罹患しても、完全に治す方法が解らないということは本当に恐ろしい

ことです。不安と恐怖の違いは対象物が見えるか見えないかと

いうことです。

ここでは治療法が解れば「不安」に変わりますが、現状のままでは

治療法が解っていないので「恐怖」となります。

「恐怖」から「不安」に、そして「安心」を一刻も早く全世界の人々に

提供をして頂きたいものです。



さて、連日報道される新型コロナウィルスの感染者の増大や死亡者の

増大を見ているとそればかりに意識が偏ってしまうのですが、私たちが

生活をしている日常では毎日、多くの方が様々な理由でお亡くなりに

なられています。

特にこの時期はインフルエンザから症状が重篤し、お亡くなりに

なられるというようなケースもあり、注意が必要です。

実際にインフルエンザで毎年日本で約1万人の方が亡くなっています。

連日報道されている武漢市でも新型コロナウィルス以外の原因で

お亡くなりになられる方が毎日多くいるはずですが、お葬式も

ウィルスを警戒して満足に出来ていないということです。

人間にはひとりひとり尊厳があり、その尊厳を守ることが人格を

認めることに繋がりますが、お葬式は人間の尊厳を守る為には絶対に

必要なものです。虫などの動物が死ぬのと人の死は同列に扱うことは

絶対にできないのです。

尊厳の無い葬儀が行われてしまう現況は非常事態です。

尊厳のあるお葬式が出来るということは言い換えれば平和であるとも

いえるのです。

一刻も早く平穏な日々になることを願ってやみません。




  

「お葬式の知識」カテゴリーを一覧で見る

「日々いろいろ」カテゴリーを一覧で見る

Posted by フューネ三浦 at 09:31 │お葬式の知識日々いろいろ

コメントをする・見る(0)

2020年01月24日

週刊誌と終活

最近の週刊誌を読むとやたらめったら「終活」に関連する

記事が毎週のように掲載されています。

税金・相続・遺産分割・医療・介護・お墓・仏壇・葬儀・・・

多岐にわたって様々な分野が取り上げられています。

これは男性誌も女性誌も若干のテイストは違いますが、

どちらも一緒でしょう。

さらにいうと、男性誌の場合はパソコンやスマホの中のデータ

が死後問題になるという「デジタル遺産」について特集を

されることが多いですし、女性誌の場合は「嫁・姑」の問題

に絡めて終活の特集をされることが特徴でしょうか。




最近の週刊誌がなぜ「終活」に関連することを記事として取り上げる

ことが多くなったのか?

ということですが、答えは単純で「部数が伸びる(売上が上がる)こと

が一番の理由です。

近年ではスマホの普及により、ネット上で簡単に様々なコンテンツが

楽しめるようになった為に、週刊誌の売上が大きく伸び悩む

ようになりました。

特に若い世代の方々は雑誌そのものを購入する人が少ないですし、

仮に雑誌を読むという人々でもスマホやタブレットで読むという人が

多いのです。そのような中、根強く雑誌を購入してくれる層が

団塊の世代を中心としたシニア層の方がメインのターゲット層に

なってきたのです。

結果的にシニア層が好む記事として「終活」関連の記事が脚光を

浴びているということが実情なのです。



男性誌特有とはいえ、終活の関連記事とヌード写真やアダルト関連の

記事が一冊の誌面に同居する状態は世界的にみても

日本くらいなものでしょう。

逆をいえば、読者の欲求に応えることが書籍不況の昨今では生き残る

とても貴重な戦略なのでしょう。









  

「終活の教科書」カテゴリーを一覧で見る

Posted by フューネ三浦 at 11:12 │終活の教科書

コメントをする・見る(0)

2020年01月01日

2020年 明けましておめでとうございます。




みなさま、新年あけましておめでとうございます。

今年も「感動葬儀。」ブログをどうぞ

よろしくお願いいたします。

令和最初のお正月ですね。

今年も何かしら良いことがあることを願っています。

フューネにおいても今年は飛躍の年。

何か新しいことがみなさまに発表できるといいですね。
  

「四季を愛でる」カテゴリーを一覧で見る

Posted by フューネ三浦 at 10:16 │四季を愛でる

コメントをする・見る(0)

2019年12月31日

2019年大晦日 今年もお世話になりました。

本日大晦日。

今年も大変お世話になりました。

2007年から続けたブログも今年12年目になりました。

12年の間に時代は大きく変わっていきましたね。

今年は平成から令和に元号も代わり、新な時代に突入しました。

令和最初の年越しです。皆さまにとってもよい年越しを

お迎えください。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。



  

「四季を愛でる」カテゴリーを一覧で見る

Posted by フューネ三浦 at 09:34 │四季を愛でる

コメントをする・見る(0)

2019年12月18日

助かる命と助からない命



12月18日付中日新聞豊田板に9月30日フューネの紫雲閣で

心肺停止した男性を救助したということで、弊社社員斉藤と

偶然現場に居合わせた弔問のお客様の2名が豊田消防署から

感謝状を授与された様子が記事として掲載されました。

式場の警備をしていた男性でしたので、弊社が手配した協力会社の

社員さんでしたが、心肺停止状態から蘇生して社会復帰されるまで

回復したことは本当によかったです。

「九死に一生を得る」ということはこのようなことだと思うのですが、

たまたま居合わせた3人の連携はプロの救急隊からも完璧な処置と

言われたほどでした。

倒れた場所が少しでも違ったら、この方はもうこの世にはいないという

結果であったと思うのです。




実は私もこの時に通夜の会場にいたのです。

この日の通夜の喪主は弊社の社員。

交通事故で5歳の息子さんが亡くなるというとても言葉にならない

悲しいお通夜でした。

この悲しいお通夜にとても多くの人が集まっていました。

今回表彰された女性のお二人もこども園勤務の看護師さんと亡くなった

5歳の同級生のお母さんでした。

私が外で倒れた人がいることに気づいたのは救急車のサイレンが

聞こえた時でした。

この日は助かる命と助からない命の表裏一体の2つ事象に自分自身の

心がついていかない一日となりました。



とはいえ、急病人が発生した時の弊社社員の的確な行動は社長として

とても誇りに思います。

助かる命を助けていくことは「命の大切さ」を伝える重要な葬儀社と

しての使命です。


  

「日々いろいろ」カテゴリーを一覧で見る

Posted by フューネ三浦 at 09:47 │日々いろいろ

コメントをする・見る(0)

2019年12月16日

1日葬

「1日葬」という言葉を聞いてどのようなお葬式かイメージが

できますでしょうか。

簡単に説明すれば、読んで字のごとく、通常は通夜・葬儀と2日間で

行う一連の儀式ですが、一日に短縮して行ってしまうというものです。

実際の葬儀の現場ではほとんどの場合は通夜を省略して、葬儀のみ

行うということがほとんどです。稀ではありますが、その逆もあり、

通夜のみを行って(正しくは通常通夜の時間帯に葬儀を行い、翌日は

出棺のみという形態)当日は何もしないというケースもあります。

一日葬という形態は今に始まったことではなく、昔から存在する

のですが主に企業・団体の大規模のお葬式で、すでに密葬を

済ませた状態での1日葬の選択でした。



数年前から徐々に増えてきた「一日葬」という葬儀の形態ですが、

ここ最近非常に増えてきたように実感します。

増えてきた背景にはネット上で一日葬の情報が誰でも簡単に

手に入るようになったこと。

コスト面で一日葬のほうが安いということがあるのです。

背景はそのような理由ですが、お客様の根底には

「通夜も葬儀も同じことを2回もすることに意味がない」

と思っている方が多いということでしょう。

断りしておきますが、何度もこのブログで説明していますが、

「通夜」と「葬儀」の意味合いは元来、全く別物です。

しかしながら、単に参列するなら参列者にとって便利な時間帯を

選べるという程度のことになってしまっているのが実情です。

一日葬を選択されるお客様のほとんどが「家族葬」です。

つまり、一般の弔問客の利便性を全く考えなくてよくなったことが

一日葬が増えている一番の要因なのです。












  

「お葬式の知識」カテゴリーを一覧で見る

Posted by フューネ三浦 at 10:30 │お葬式の知識

コメントをする・見る(0)

2019年11月26日

豊田市立朝日丘中学校に寄贈をしました。

この度、弊社第8回私募債発行に際し、

弊社会長ならびに私の母校でもある豊田市立朝日丘中学校に

寄贈をしてきました。

弊社メインバンクである名古屋銀行さんのSDGs・寄贈型私募債

「未来への絆」という仕組みを利用させて頂きました。


※私募債とは企業が資金調達するために発行する社債の一種で
金融機関等の適格機関の投資家に引き受けを依頼して
発行するもの






天野校長先生に目録を贈呈しました。



今回は朝日丘中学校側からの要望により、

ポケトーク(翻訳機)2台とトランジスタメガホン(拡声器)1台と

熱中症指数計5台を寄贈させて頂きました。


校長先生のお話しによれば、多国籍化する生徒とその保護者に

対応する為に多言語に対応する翻訳機はとても便利で

重宝するそうです。

また、熱中症対策としての指数計は今とても必要なアイテムです。

自分自身が中学校時代の30年前には考えられないような備品ですが、

今の教育現場には必要なのでしょう。

寄贈により、お役に立てれば幸いです。

これからもコニュニティー企業として地元に貢献できることを

実施して参ります。





  

「イベント&ニュース」カテゴリーを一覧で見る

Posted by フューネ三浦 at 08:08 │イベント&ニュース

コメントをする・見る(0)

2019年11月15日

最高の人生の見つけ方



先日、吉永小百合と天海祐希の主演の映画「最高の人生の見つけ方」を

観てきました。


最高の人生の見つけ方公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/saikonojinsei/



この映画は2007年から公開され世界中で大ヒットした同名ハリウッド

映画を原案に、日本映画としてリメイクしたものです。

末期がんの主役の二人が死ぬまでにやりたいことリストを基に

様々なことにチャレンジするストーリーとなっています。

2007年のハリウッド映画はジャック・ニコルソンと

モーガン・フリーマンが共演した同名映画も私は観ましたが、

「死ぬまでにやりたいことリスト」を

「バケットリスト」と言い、日本語に訳すと「棺おけリスト」

と呼ばれるのです。

人生は終わりよければすべて良しというところがあり、

人生の前半に苦労することと人生の後半に苦労することを比べれば

圧倒的に人生の前半の苦労の方が幸福度は増すという統計も

あるのです。


自分自身の生き方、そして死に方を考えるにはとても意味のある

映画であり、オススメです。


今回主役の吉永小百合さんももクロのライブの映像や

ウエディングドレス姿はとても美しく魅力的でした。

ファンの方にはたまらない一作だと思います。






  

「お葬式の知識」カテゴリーを一覧で見る

「日々いろいろ」カテゴリーを一覧で見る

Posted by フューネ三浦 at 14:54 │お葬式の知識日々いろいろ

コメントをする・見る(0)

2019年11月05日

お葬式は出会いの場

「弔問外交」という言葉が存在するようにお葬式の場は人と人が

交差する交差点であり、出会いの場であり、再会の場です。

私の仕事の役得の一つに「同級生と再会」出来ることというもの

があります。

普段は地元にいてもめっきり会わなくなった同級生にも葬儀とご依頼を

頂くことで何十年振りに再会することも出来ますし、地元を離れ

活躍している同級生にも近親者の死によって帰郷しこれまた

再会することが出来ることの多さは葬儀という仕事に就いたものの

特権のようなことです。



本来の「出会いの場」であるお葬式が人と人繋がりの希薄さが近年、

顕著になってきています。家族葬の増加によって弔問客の減少して

いることは説明をするまでもないと思いますが、従来のお葬式に

おいても弔問客は減少しています。

減少している一番の原因は「通夜と葬儀のどちらかに出席すれば良い」

という考え方の方がすごく増えていることだと思います。

昔は通夜と葬儀の両方に出席していた方がどちらかだけの出席により

弔問客は家族葬でなくても減少するのです。

結果的に希薄化に繋がり、人と人との出会いの回数も減少するのです。



元来、お葬式は人と人のご縁や目に見えない絆で結ばれていることを

実感できる場であるのです。

簡素化・簡略化は時代の流れとはいえ、お葬式が出会いの場であること

と考えると多くの人々の人生において少し損をしているように

思うのです。














  

「お葬式の知識」カテゴリーを一覧で見る

Posted by フューネ三浦 at 08:30 │お葬式の知識

コメントをする・見る(0)

2019年10月14日

納骨堂 満徳寺廟オープン

10月12日 納骨堂満徳寺廟がオープンしました。

台風の中という生憎の天気の中でしたが、

多くのお客様にお越し頂きました。

翌日のイベントは台風一過の透き通るような青空の下、大盛況でした。

地元において、名物となるような新しくも伝統を守っていく素晴らしい

納骨堂の完成です。












  

「イベント&ニュース」カテゴリーを一覧で見る

Posted by フューネ三浦 at 10:05 │イベント&ニュース

コメントをする・見る(0)

2019年10月09日

納骨堂 満徳寺廟をオープンします。








この度、フューネのプロデュースする「納骨堂」を豊田市前林町の

満徳寺境内に

オープンすることになりました。

オープンを記念して、お披露目会を

10月12日・13日に満徳寺にてオープニングイベントを

開催させて頂きます。

是非とも、多くの方のご来場をお待ちしています。


納骨堂は和洋折衷の意匠が施された、とても斬新な建物です。

豊田市前林町の地域の名物になる予感がします。



  

「イベント&ニュース」カテゴリーを一覧で見る

Posted by フューネ三浦 at 08:19 │イベント&ニュース

コメントをする・見る(0)

2019年10月01日

MC通信50号

MC(ミウラキャッスル倶楽部)通信が発刊されました。

一年に2回の発刊ですが、今回で記念すべき50号の節目です。

そして、今回の表紙はなんと「私」です。

今年フューネは創業65周年を迎えることになり、

企業のトップメッセージとして書かせて頂きました。

是非、ご一読頂ければ幸いです。












記事が読めるサイズはコチラ↓
https://indd.adobe.com/view/47f6b0d7-84d3-4092-a5ca-f167c897487c  

「イベント&ニュース」カテゴリーを一覧で見る

Posted by フューネ三浦 at 11:01 │イベント&ニュース

コメントをする・見る(0)

2019年09月22日

日経MJ新聞に中日ドラゴンズ公認のご遺骨ペンダントが掲載されました。

9月13日付け日経MJ新聞に弊社の取り組みである

中日ドラゴンズ公認のご遺骨ペンダントの記事が紹介されました。


  

「イベント&ニュース」カテゴリーを一覧で見る

Posted by フューネ三浦 at 13:59 │イベント&ニュース

コメントをする・見る(0)

2019年09月19日

松坂屋終活フェア

9月11日~16日までの6日間、松坂屋豊田店にて、

フューネの松坂屋さんとのコラボレーション企画で「終活フェア」を

開催しました。

おかげさまで初日から多くのお客様がお越しになられて出展ブースは

大盛況でした。

特に今回目立ったのは子供の来場者が多かったのです。

デパートで開催という特性もあると思いますが、

終活ということに抵抗が無くなってきていることを実感します。

次回も開催の予定があります。

是非、お楽しみに。
















  

「イベント&ニュース」カテゴリーを一覧で見る

Posted by フューネ三浦 at 08:42 │イベント&ニュース

コメントをする・見る(0)

2019年09月08日

松坂屋豊田店で終活フェアを開催します。




今年2回目の終活フェアを松坂屋豊田店8階大催事場に開催します。

9月11日から9月16日までの6日間。

午前10時から午後6時まで
(最終日は午後4時まで)

今回のフェアでは人形供養をはじめ、様々なワークショップが集まり、

色々な体験ができるスペースになっています。

その他、葬儀関連の商品を多数展示。

仏壇の新規購入は増税前の今がチャンス! 

ぜひご来場ください。


フェアの詳細は↓
https://www.fune.ne.jp/news/entry-308.html  

「イベント&ニュース」カテゴリーを一覧で見る

Posted by フューネ三浦 at 17:07 │イベント&ニュース

コメントをする・見る(0)