ブーログ › フューネ三浦直樹の「感動葬儀。」ブログ › お葬式の知識 › ご遺体に触れることの大切な価値観
2020年05月18日

ご遺体に触れることの大切な価値観

ついに日本でも交通事故でお亡くなりになられた方が

実は新型コロナウィルスの陽性であったということが起きました。

葬儀社にとって新型コロナウィルスの一番の脅威は陽性でお亡くなり

になられたことが解っている方ではなくて、いわゆる普通の死因で

お亡くなりになられたはずの方が陽性患者であったというケースです。

残念ながら、新型コロナウィルスに罹患し、病院で治療を受けて

亡くなった方の場合は必ず病院から死因の告知があり、

私たち葬儀社の社員も防護服・マスク・ゴーグル・手袋と完全防備で

ご遺体と対峙することになります。

正しい装備の使い方をしていれば、まず感染するリスクはない

のですが、陽性患者であったことがご遺体の接触の後に判明することは

極めて危険な状態です。

なぜかというと、ご遺体を素手で触るからなのです。

公衆衛生の観点からいえば、ご遺体に付随しているあまたの雑菌に

対して素手で触るということは新型コロナウィルスうんぬんに

関わらず、とても危険な行為です。

そこまでわかっていてなぜ葬儀社の社員が基本的に

ご遺体を触れる時に素手なのかというと、死体としてではなく

「生きている人」という観点でいるからなのです。

ご遺族にとってはお亡くなりになられた方は「生きています」。

ですから、人間の尊厳を冒す行為はご法度であり、間違って

私たちが「死体」と呼ぶことはありません。

百歩譲って「ご遺体」という言葉で呼ぶのです。



しかしながら、新型コロナウィルスという未知の命の危険に晒される

ウィルスの前に私たち葬儀社が大切にしてきたご遺体に対する尊厳

さえも脅かすことになってしまっているのです。

従前のように、「生きている」人に触れるのに手袋・マスクの着用は

失礼ではないかということと、自分自身の身の安全を守る為には

着用するべきという観点の葛藤がそこにあるのです。



良くも悪くも、命を危険を晒すウィルスの前にこれまでの常識と

呼ばれる概念や観念は崩壊しました。

同時に新たな価値観が生まれてきます。

ご遺体に触れることの大切な価値観もアフターコロナにおいて

大きく変化する予感がするのです。













同じカテゴリー(お葬式の知識)の記事画像
葬儀の備え
死を想え!(メメント・モリ)
最高の人生の見つけ方
伝統文化 「伝え」の重要性
子どものお葬式
祖父のお葬式
同じカテゴリー(お葬式の知識)の記事
 お寺様が来ない (2020-10-22 10:31)
 葬儀の備え (2020-09-20 08:24)
 導くことの重要性 (2020-09-10 16:06)
 食事を共にするということ。 (2020-08-22 08:10)
 葬儀と電話 (2020-08-11 08:34)
 香典もキャッシュレス (2020-06-09 08:32)

「お葬式の知識」カテゴリーを一覧で見る

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。