2008年01月26日

まつり




昨日、伊勢神宮へ行って来ました。

毎年この時期にお参りに行く事が年中行事になりつつありますが、

天照大神(アマテラスオオミカミ)をお祀りしている内宮は

何度行っても本当にここに神様がいらっしゃると思う荘厳さがあります。

今年は「赤幅」無しの伊勢で赤幅ファンの私としては本当に残念でした。


さて、フューネでは仏式のお葬式だけでなく

神式のお葬式もお手伝いさせて頂いています。

神葬祭の教義は

「人は亡くなったら神様の住む世界へ帰るもの」

とされています。

すなわち、神葬祭は亡くなった人に家の

守護神となっていただくための儀式です。

神葬祭では通夜を「通夜祭」 葬儀を「葬場祭」といいますが

お客さまより「なんでお葬式なのにお祭りなの?」

「お祝いじゃないよね?」


ご質問をいただきますが、これはお客様の勘違い。

そもそも古来より日本は「神の国」。

毎日、平和に暮らせるのも作物が豊作であるのも

すべて神様のおかげという考え方です。

天変地異や凶作になった時は神のタタリだと

これを怨霊信仰(おんりょうしんこう)といいます。

タタリが起きないないように神様をヨイショすることを

祀り(まつり)といいます。

神様をお祀りする方法は

時には神輿(みこし)を担いだり、挙母祭りのように山車(だし)を曳いたり

日常では許されないないが、ふんどし一丁になったり仮装したり

「祭り」は「祀る」の名詞形なんです。

つまり、祀りと祭りはおなじこと

お祭りは華やかさからかお祝いごとというイメージがありますが、

あくまでもお祀りです。

ですから、神葬祭では亡くなった人をお祀りする行事だから

「お祭り」なんです。

では、タタリが起こらないように時の権力者が「祀り」をコントロールしていれば

平和で暮らしやすい世の中になりますよね。

これを行うことを「政治」といいます。

「政治」を「せいじ」と読んではいけません。

「まつりごとをおさめる」と読んでください。

祀り(まつり)=祭り(まつり)=政(まつりごと)

おもしろい方程式だと思いませんか。







 


同じカテゴリー(役立つ雑でない雑学)の記事画像
修多羅
鬼のパンツはなぜトラ柄なのか。
観音さま
火を熾す。火を守る。
人形
女の財産
同じカテゴリー(役立つ雑でない雑学)の記事
 煙と匂い (2018-09-23 08:16)
 ギフト力 (2018-06-23 09:56)
 葬儀後に故人のお金を銀行からおろすこと (2017-08-13 20:24)
 戒名と俗名 (2017-05-10 08:33)
 須弥山 (2017-03-11 08:43)
 修多羅 (2016-08-16 08:15)

「役立つ雑でない雑学」カテゴリーを一覧で見る

この記事へのコメント
神道の考え方ですね。

で・・・赤福はまだ営業していなかったんですね。
風体に似合わず、赤福ファンの私にはちょっと残念です。
Posted by Water-Hammer at 2008年01月26日 09:58
ふむふむ!とても勉強になります!
Posted by 永田や COO at 2008年01月26日 12:41
すごくお勉強になりますね。w(=^^=)w

しかし、赤福は残念です。
私も赤福は大好きでしたから…。
もう食べられないんでしょうか…(涙)
Posted by 三好のポンちゃん三好のポンちゃん at 2008年01月26日 21:07
政治なくしてカルチャーはありえないということですね。

最近はイメージから政治に関心がない方もよく見受けられますが

実際はものの見方ひとつなんですね。
Posted by しましましましま at 2008年01月27日 15:13
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。