2007年12月25日

クリスマスと花まつり

今日はクリスマスですね。

昨晩は家族や恋人と過ごされた方も多いでしょう。

年々イルミネーションも華やかになりクリスマスの飾りも

素敵なものが増えてます。

葬儀屋さんとクリスマスとは全く縁のないように思われますが

実は季節の花を取り入れるところではひそっりとこっそりですが

ポインセチアを置いたりしています。

クリスマスと花まつり

クリスマスと花まつり

写真は「そうそうの森フューネ浄水」です。

年間を通じてフューネの葬儀会館では季節の花でお客様をお迎えしております。

以前、新入社員に「お寺でもクリスマスツリーは飾るのですか?」

と聞かれたことがありましたが、

お寺でもお庫裏(お寺さまのプライベートスペース)に飾ってあるのを

何箇所か見たことがあります。

葬儀屋さんもお寺さまもクリスマスはありますよ。

もはや、日本の年中行事ですよね。

さて、クリスマスはキリストの誕生日〔降誕祭〕のお祝い

キリスト教徒が少ない日本でもすごく盛り上がってます。

これだけ日本の文化に定着したのはサンタクロースの存在が大きいようです。

本来、仏教徒が多い日本ならお釈迦さまの誕生日のお祝いこそ

もっとも盛り上がるべきなのにお釈迦さまの誕生日すら知らないのが現実です。

お釈迦さまの誕生日〔降誕会(こうたんえ)〕は4月8日です。

「花まつり」と云われお寺ではお祝いの法要や行事があります。

お隣の国「韓国」では「お釈迦さまの誕生日」として祝日の扱いです。

「韓国」ではクリスマスの今日も祝日として一つの宗教だけ特別扱いしないように配慮しています。

日本でもクリスマスを祝日にという議論もありますが、憲法で政教分離の原則が保証されている為、

なかなか実現には難しいようです。

フューネは毎年4月8日に豊田市仏教会が主催する「花まつり」に協賛しています。

実はクリスマスの時期に来年の花まつりの打ち合わせが始まるのです。

「クリスマス」と「花まつり」の別名は「降誕祭」と「降誕会」

本質的に一緒です。



同じカテゴリー(四季を愛でる)の記事画像
今年は「金」
さくら
2012年 あけましておめでとうございます。
2011年 大晦日 今年もお世話になりました。
今年はやっぱり「絆」
初盆
同じカテゴリー(四季を愛でる)の記事
 今年は「金」 (2016-12-19 08:15)
 見えないものと繋がる お盆 (2015-08-16 09:00)
 昔の夏とは違う (2014-08-29 09:04)
 人は二度死ぬ。 (2012-08-13 09:00)
 熱中症 (2012-08-09 09:00)
 さくら (2012-04-06 09:00)

「四季を愛でる」カテゴリーを一覧で見る

この記事へのコメント
>「クリスマス」と「花まつり」の別名は「降誕祭」と「降誕会」

本質的に一緒です。

そう言われると、そうですね~。
Posted by ベンチャー企業のマネージャーベンチャー企業のマネージャー at 2007年12月25日 09:20
花まつりって僧侶が蓮の花をかたどった色とりどりの紙をぱらぱらと
まくんですよね~

先日、長野の善光寺にてその様子のビデオを見て、
一度見に行ってみたいと思ってました。
読んでいて来年、行って見ようかな~なんて思いました。

半分キリスト教信者であり、とある仏教の宗派に属す...
こういう人は両方お祝いしてもいいんでしょうかね(^_^;)
Posted by yuanyuan at 2007年12月25日 11:46
yuanさん
ベンチャー企業のマネージャーさん
コメントありがとうございます。
なんでもお祝いをすることはいいことですね。
国や宗教にとらわれず、良いものをなんでも
取り入れることができるのは日本人の特徴でしょう。
いろんな人がお釈迦さまの誕生日もお祝いできるように
なるといいですね。
Posted by フューネ三浦 at 2007年12月25日 23:45
お釈迦様が誕生されたときの木、ありましたよね?

悟りの木が菩提樹、お亡くなりの際の木が沙羅双樹・・・・

うーん思い出せないッ。
Posted by しましま at 2007年12月27日 08:08
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。