2018年02月21日

何歳まで生きるのか?

最近、終活に関する講演のご依頼を受ける時に、聴講者の皆さまに必ず

聞く質問があります。それは

「何歳まで生きますか?」

相手が老人会の講演でも、小学校で行う講演でも同じ質問をします。

質問と同時に笑いが起きます。

「5年後生きていると思う人」

「100歳まで生きていると思う人」

とだんだんとハードルをあげていくと手を挙げて頂く人の数が

少なくなっていくのですが、最後まで手を挙げる人はしっかりと生きる

意志をお持ちの方々ばかりです。

この質問をするときに笑いが起きるのは聴講者のほとんどの方が自分が

何歳で亡くなるのかという想定をしていないからです。

人は必ず亡くなるという事実は頭では理解をしていても、どこか

他人事です。




平均寿命が長くなっている現代では現役を引退する年齢の設定も非常に

重要になってきます。

実際のところは仕事を辞めたくても経済的な理由で辞められない

シニア層の人々が多いのも事実です。

経済的な話になれば、何歳まで生きるのかという想定が非常に

重要になってきます。

少なくとも想定した年齢までの金銭的な不安を排除することが人生の

計画になっていくのですから。



何歳まで生きるのか。是非明確な答えをもっておいて

頂きたいものです。



同じカテゴリー(終活の教科書)の記事画像
一般社団法人日本HappyEnding協会
ダイヤモンド
5月17日 海洋散骨模擬体験クルーズ 参加者募集
同じカテゴリー(終活の教科書)の記事
 同居のほうが珍しい (2018-08-24 09:51)
 墓じまい屋さん? (2018-05-07 06:53)
 デジタル遺産と死後離婚 (2017-12-28 09:18)
 納骨堂を希望する (2017-11-22 16:10)
 一日という時間 (2017-10-15 09:06)
 個人賠償責任保険 (2017-09-27 08:20)

「終活の教科書」カテゴリーを一覧で見る

「終活セミナー」カテゴリーを一覧で見る

この記事へのコメント
何歳まで生きるのか・・・
主人は本気で200歳と言っています(⌒-⌒; )

そして、私は生きるというか・・・
80歳までバイクに乗ると決めたので
言葉にして、自分の体の細胞に言い聞かせるように
最近は心がけています。

なんとなく、我が家にタイムリーな話題で
コメントさせていただきました。
ありがとうございます^^
Posted by おかんRiderおかんRider at 2018年02月21日 11:02
おかんRiderさま
コメントありがとうございます。
200歳、心意気が素晴らしいですね。
前田家はポジティブな人生を遅れていますね。
Posted by フューネ三浦フューネ三浦 at 2018年02月22日 07:46
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。