2017年10月05日

家族葬の告知

最近、お客様から家族葬で行うのに、町内や会社に知らせるべきか、

知らせないでおくべきかというご質問をよくお受けします。

答えは「知らせる」べきです。

そのようにお答えするとそれではご弔問のお客様が来てしまうと

言われますが、肝要ななのは

「家族葬で行うからご弔問をご遠慮ください」

ということを正しく伝えなければなりません。

以前、まだまだ家族葬が珍しい頃は確かに告知をしてしまうと

家族葬でもご弔問にお越しになってしまうということがありましたが、

今は訃報を受け取る側も慣れてきていますので、家族葬で行う旨と

会葬をご辞退する旨をしっかりと告知をすれば、無理やりの会葬は

しなくなってきているのです。




家族葬だから、告知をしないでよいという考え方はお葬式後に

家族葬のデメリットをまともに受けてしまう危険性があるのです。

「なんで知らせてくれなかったのよ」

という叱責や葬儀後に自宅に弔問客が次々に現れていつまでたっても

通常の生活に戻れないというデメリットです。

お伝えすることはしっかりとお伝えして、家族葬を行うことが一番の

筋道です。



家族葬を選択された方に

「どうして家族葬にされたのですか?」

とご質問をすると

「流行りだから」

というお答えがたまに返ってきます。

「流行り」という理由で選ばれるのだけは葬儀のプロとして

一番危険ですから止めて頂きたいと思うのです。

お客様が葬儀後に後悔をしている姿はやはり見たくないのです。









同じカテゴリー(お葬式の知識)の記事画像
祖父のお葬式
ペーパレス
造形祭壇
続・ペットロス
続・消えゆく宮型霊柩車
日本初 壁かけ祭壇
同じカテゴリー(お葬式の知識)の記事
 おなかいっぱい。 (2018-05-26 17:30)
 ライフイベント (2018-05-17 09:15)
 無感動と無反応 (2018-04-26 09:42)
 祖父のお葬式 (2018-04-02 08:24)
 火を使わない生活 (2018-03-08 09:17)
 事後報告 (2018-02-11 14:07)

「お葬式の知識」カテゴリーを一覧で見る

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。