2017年07月23日

読み返し

以前に読んだことのある書籍でも、時が経ちあらためて読み返して

みると以前には気づかなったことが発見できたり、前回とは感じ方

が変わって受け取る私たちの答えが違ってきます。

特に名作と言われる小説は読むごとに様々な発見があったりして

とても楽しいものです。

自分自身の成長や社会的な立場によって感じた答えが違うことが

「生きている」という証なのかもしれません。




葬儀の司会者にお客様から、お手紙を朗読をして欲しいというご要望

を多々頂きます。

お亡くなりの方にあてて書いたお孫さんからのお手紙であったり、

お亡くなりになられた方が生前に書きしたためたお手紙を自身の死後に

遺された人々にメッセージとして読むこともしばしばあります。

数年前から10年以上前に書いた手紙を読んで欲しいというお客様の

ご要望もあります。

手紙を書いた本人にしてみれば、今の考え方では必ずしも無いかも

しれませんが、随分前に書いた手紙を読み返すことで発見する何かが

あるのでしょう。




仏教の経本の中には、弟子たちに方向性を示した文章や手紙が

あります。これを繰りかえして読むことで方向性を間違えずに「教え」

が何百年と伝わってきているのです。大切な伝えは

何度も読み返すこと。

感じ方は人それぞれで、その時その時の気持ちが入り変わるかも

しれませんが、それもまた良いことです。




同じカテゴリー(日々いろいろ)の記事画像
2018年 新年あけましておめでとうございます。
2017年 今年もありがとうございました。
今年は「北」でした。
喪中見舞いのお線香
お稚児行列
すいかのお線香
同じカテゴリー(日々いろいろ)の記事
 2018年 新年あけましておめでとうございます。 (2018-01-01 10:07)
 2017年 今年もありがとうございました。 (2017-12-31 10:38)
 デジタル遺産と死後離婚 (2017-12-28 09:18)
 今年は「北」でした。 (2017-12-17 09:01)
 悲しみをリセット (2017-12-12 09:34)
 喪中見舞いのお線香 (2017-12-06 08:23)

「日々いろいろ」カテゴリーを一覧で見る

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。