2017年07月21日

スタンディング

先日、とある立ち食いそば屋さんで食事をしていた時に

3歳くらいの女の子を連れたお母さんが二人で入店してきました。

お店の外で食券を買い、お店に入る仕組みのそば屋でした。

中に入った時に、どうも「立ち食い」だと思わなかったらしく、

お母さんがしばらく固まってました。

しかし、椅子席が無い店内でそばは食べる様子でしたが、

子どもには高いテーブルには届かず、お母さんはお店の人に

「踏み台はありますか」

と聞いていました。残念ながら、お店に踏み台は無く、またそもそも

子どもが来店することをお店側が想定をしていないようでした。

結局のところ、お母さんが器を手に持ち、子供さんの高さに合わせて

しゃがんで食べていました。




スタンディングのバーや喫茶店。そして、スタンディングスタイル

だから、安く提供することが出来る飲食店は今、都会では結構

あちこちで見かけることができます。

「スタンディング」ということで結果的に何かを制約することで、

お客様が望むニーズを満たしていることはお客様とお店側の双方が

WINーWINの関係になることはビジネス上は大切なことです。

但し前述の親子のような想定外を想定する対応はどんなお店を

必要なことでしょう。





葬儀というサービスも格安で提供している葬儀プランも存在します。

安く提供できる代わりに、多くの場合、何らかの制約が伴っているもの

がほとんどです。

葬儀の会場の制約。お花などの飾りや備品の制約などお客様に

一定のご理解を頂く上で安く提供できるのです。

しかしながら、一定のご理解を頂けない一部のお客様からの制約に

対するクレームはなんとも辛いものです。

多くの場合、クレームを頂いたお客様にしっかりと事情を説明すれば

ご納得頂けます。

葬儀という商品においても「スタンディング」的な商品はこれからも

増えてきます。それを提供する側の説明責任とお客様の納得した理解

がなければ、いつまで経っても後味の悪いものになってしまうこと

からは抜け出せません。







同じカテゴリー(日々いろいろ)の記事画像
すいかのお線香
ペット用のお仏壇
高齢者は75歳から
2017年 明けましておめでとうございます。
2016年大晦日 今年もお世話になりました。
さばバス
同じカテゴリー(日々いろいろ)の記事
 鹿島神宮のクレジットカード (2017-09-04 08:22)
 定年 (2017-09-02 08:12)
 続・遺灰ビジネス (2017-08-25 08:09)
 ロボット導師 (2017-08-21 08:24)
 お盆と「あの世」の存在 (2017-08-11 08:24)
 行列 (2017-08-09 10:54)

「日々いろいろ」カテゴリーを一覧で見る

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。