2017年06月25日

最愛の人に見守られ

小林麻央さんの逝去の報に多くの人が悲しみを共有しました。

早すぎる彼女の死は私たちに改めて多くのことを教えてくれました。

歌舞伎界の名門に嫁ぎ、梨園の妻として覚悟を決めたその時から

背負っていかなければならなかったプレッシャーも相当なもので

あったはず。しかしながら、ブログで発信される内容は家族の物語

でした。

海老蔵さんが記者会見で公表した最後の言葉が「愛してる」という

言葉であったことも周りの人々をも感動させる言葉であったと

思うのです。




麻央さんは今回は自宅で息を引き取ることができたこと。

そして最愛の人に囲まれて旅立つことができたこと。

長年葬儀の仕事に携わっていてもこのような最期を迎えることが

出来るのは本当に少数です。

エンディングノートにも「自宅で亡くなりたい」「家族に見守られて」

という希望を書いていても現実的になかなか実現しないものです。

このような状況になるにはただ「運が良かった」では片づけられない

家族の努力があるはずです。

まずは、自宅での療養は家族にとって相当に肉体的・精神的そして

金銭的に大変なことでそれを飲み込む努力をすること。

そして、家族のみなさんがいつでも駆けつける環境でなければ

できなかったことでしょう。



「ガン」という宣告を受けた方の葬儀の生前相談をこれまでに何度も

応対してきましたが、こちらが思っている以上に悲観的になっていない

方ばかりです。自分のお葬式の相談を自ら葬儀社にされる方ばかり

ですからそうだと言えるかもしれませんが、限られた残りの自分の命を

いかにして有効に使うのかということを真剣に考えている人たちばかり

です。麻央さんもそのような人でした。葬儀という仕事は限りある命を

有効に使うことの大切さをいつも教えてもらっているのです。






同じカテゴリー(日々いろいろ)の記事画像
お稚児行列
すいかのお線香
ペット用のお仏壇
高齢者は75歳から
2017年 明けましておめでとうございます。
2016年大晦日 今年もお世話になりました。
同じカテゴリー(日々いろいろ)の記事
 キャッシュレス時代 (2017-11-10 10:03)
 「核家族」という言葉は死語? (2017-11-08 09:01)
 移動距離 (2017-11-06 09:02)
 お稚児行列 (2017-10-31 08:30)
 悪天候とお葬式 (2017-10-25 08:20)
 機械化の中で (2017-10-23 07:47)

「日々いろいろ」カテゴリーを一覧で見る

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。