2017年06月19日

さよなら宮型霊柩車

2017年4月28日付ブログ記事「続・消えゆく宮型霊柩車」で告知した

とおり、平成15年6月から14年間運行をさせて頂いた宮型霊柩車が

いよいよお別れの時がやってきました。





いざ、お別れの時となるとこれまでの様々な想い出が思いだされてきて

悲しくなります。

14年の間毎日欠かさず手入れをしてくれたこの霊柩車はエンジンルーム

も含めてまだまだピカピカです。

しかしながら、立派な輿の部分の重量を支えてきたエアサスは14年の

歳月の中で限界になり、修理をしても完全には直らない状態です。

宮型霊柩車の需要が無くなってきた現在では、これ以上の延命も

難しいということでの廃車となりました。



道路交通法の改定により、今後はこのような車両は認可が下りない

ので、本当に消えゆく葬送遺産になっていくのでしょう。

さみしいお別れですが、未来にむけてまた新しいお客様に支持を

される霊柩車を導入していきたいと考えています。




同じカテゴリー(社長が書く「フューネグループ」)の記事画像
続・消えゆく宮型霊柩車
歴史価値!? 宮型霊柩車
日本遺産
5月10日は母の日
大雪のハプニング
新型クラウン霊柩車
同じカテゴリー(社長が書く「フューネグループ」)の記事
 トヨタ車しかない現実に (2017-07-03 18:04)
 続・消えゆく宮型霊柩車 (2017-04-28 08:10)
 歴史価値!? 宮型霊柩車 (2015-07-29 09:38)
 日本遺産 (2015-07-19 08:15)
 5月10日は母の日 (2015-05-08 09:06)
 大雪のハプニング (2014-02-16 09:14)

「社長が書く「フューネグループ」」カテゴリーを一覧で見る

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。