2017年05月02日

続・ペットロス

今から9年前(2008年4月7日付ブログ記事)に書いたブログ記事

「ペットロス」はの内容は今でも通じる、ペットが亡くなった時の

喪失感を書いてありますが、あれから9年経って改めて自分自身の

周りの見渡してみても、本当にペットを失って悲しみにくれる人が

多いことに改めて気づかされます。




イオンモール長久手店にあるフューネが経営している現代仏壇店では

店頭の一番目立つところにペット用のお仏壇、そしてペット用の

ロウソク・線香を販売していますが、本当に多くのお客様が

立ち止まってこれらの商品に注目している姿を見ると「ペットの供養」

というニーズがいかに多いのかと思い知らされます。

ペット用のお仏壇のパンフレットをお持ちなられるお客様も多く、

時には涙を流しながら、商品を選ばれているお客様のお姿を拝見

するとこちらまで悲しみの心が響いてしまいます。




ペットを飼っている方にとって、ペットも大事な家族の一員であること

は事実であり、ペットロスにならない為には人間同様の弔いが必要

なのです。

人間にしてもペットにしても命あるものは必ず限りがあります。

限りがあるから「命」を大切にしなければならないですし、

限りがあるからこそ、失う恐怖と戦って生きているのです。

弔う気持ちを大切にすることで、ペットロスから立ち直れるならば、

最初のブログ記事から9年。フューネはさらに進化した供養の提案

が出来る会社になったと思います。




同じカテゴリー(お葬式の知識)の記事画像
ペーパレス
造形祭壇
続・消えゆく宮型霊柩車
日本初 壁かけ祭壇
消えゆく宮型霊柩車
祭壇を飾る
同じカテゴリー(お葬式の知識)の記事
 待機 (2017-09-18 08:24)
 冷静さの裏側に (2017-09-16 09:05)
 ペーパレス (2017-09-14 10:43)
 いい葬儀とはの追求 (2017-09-08 08:23)
 ロボット導師 (2017-08-21 08:24)
 変わりゆく初七日の食事 (2017-08-05 08:25)

「お葬式の知識」カテゴリーを一覧で見る

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。