ブーログ › フューネ三浦直樹の「感動葬儀。」ブログ › お葬式の知識 › 亡くなったその日に通夜をやりたい
2017年02月27日

亡くなったその日に通夜をやりたい

最近のお客様のご要望として亡くなったその日の内にに

通夜をやりたいというご要望が非常に多くなっています。

通夜葬儀の参加する人数が小規模化すると、わざわざ日にちを延ばす

必要性もなく、会社を休むことを最小限度にしたいという想いもあり、

とにかく早く葬儀をしたいと考えるお客様が増えています。




法律的は亡くなってから24時間は火葬ができないというルール

があります。

そのルールの中で最短である25時間といった時間で火葬をするという

ケースもあり、プロである私たち葬儀社が気を付けていないと法に

触れて火葬が出来ないということもあるのです。





葬儀のプロとしては出来るならば、亡くなった日は通夜をせず、

翌日通夜・翌々日葬儀という時間的な配分が最後のお別れの時間を

過ごすには最適な時間であると断言します。

急ぐことは決してないとは思いますが、お客様のニーズには出来る限り

叶えることも大切なことです。





最近は通夜をしないという選択をされるお客様も非常に増えています。

「一日葬」と言ってますが、葬儀だけをして火葬場に行くことを好む

お客様は時間的に急ぐことなく、お亡くなりの翌日に火葬が出来て

しまうことも事実なのです。





葬儀の日程を決めることは葬儀の打ち合わせの中で

とても大切なことです。

不必要に急ぐことはなく、かと言ってお客様のご意向に反することの

無いように今後も務めて参ります。





同じカテゴリー(お葬式の知識)の記事画像
祖父のお葬式
ペーパレス
造形祭壇
続・ペットロス
続・消えゆく宮型霊柩車
日本初 壁かけ祭壇
同じカテゴリー(お葬式の知識)の記事
 おなかいっぱい。 (2018-05-26 17:30)
 ライフイベント (2018-05-17 09:15)
 無感動と無反応 (2018-04-26 09:42)
 祖父のお葬式 (2018-04-02 08:24)
 火を使わない生活 (2018-03-08 09:17)
 事後報告 (2018-02-11 14:07)

「お葬式の知識」カテゴリーを一覧で見る

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。