2007年11月23日

お棺もエコの時代です

一昨日、ヤフーのニューストピックスを見ていたら

「紙製ひつぎで、死後のエコ」のタイトルが

ご覧になった方もいらしゃることでしょう。



ご覧のとおり見た目は普通のお棺ですが、

確かに、紙(ダンボール)できています。



商品名はエコ(環境)+コフィン(ひつぎ)でエコフィンと言います。

エコフィンなら1tの木材から約54本のコフィンが制作できます。

木製のお棺の場合は無駄が多く、36本しか製作できません。

また、火葬場での燃焼時間が半分になり二酸化炭素も半減されます。

そんな、訳でエコなんです。

さらに、お棺代にモンゴルの砂漠に10本分の植樹代が含まれているオマケつき。

葬儀社の環境問題に取り組まなければならない時代なりました。

フューネではこのエコ棺を2年前から、愛知県では1番に販売し始めました。

あまり知られていないのですが、このお棺なんと豊田産なんです。

浄水町にあるお棺メーカーが作ってます。

豊田産のエコ商品はプリウスだけではありません。

もしも時はエコ棺のご用命お待ちしています。



同じカテゴリー(お葬式の知識)の記事画像
ペーパレス
造形祭壇
続・ペットロス
続・消えゆく宮型霊柩車
日本初 壁かけ祭壇
消えゆく宮型霊柩車
同じカテゴリー(お葬式の知識)の記事
 「核家族」という言葉は死語? (2017-11-08 09:01)
 会葬・供花・供物辞退 (2017-10-29 16:11)
 想い出のアルバム (2017-10-07 08:23)
 家族葬の告知 (2017-10-05 09:15)
 自宅に帰るときのハードル (2017-09-29 08:23)
 マナーモード (2017-09-24 07:56)

「お葬式の知識」カテゴリーを一覧で見る

この記事へのコメント
中に体験として入らさせていただいてはダメでしょうか?

でも蓋は閉めないでくださいね。
Posted by しましま at 2007年11月23日 10:08
お肉(国産牛)が好きで、
休日は同級生とソフトボールをされる。
三浦さん
こんにちわ!!

お肉(国産牛)を販売していて
休日は、高齢者とソフトボールをしている
ナイトウです。

しかし、
今回話題に上がったお棺が
近所の浄水町で造っているとは
全く知らず驚きでした。

三浦さんのブログならではですね。

また、
サプライズを期待しています。
Posted by おにくやおにくや at 2007年11月23日 10:34
そんな会社が豊田にあったなんて全然知りませんでした。

お棺も木を使うのと紙を使うのとでは、自然に対する影響が

そんなに違うなんて勉強になりました。
Posted by ベンチャー企業のマネージャーベンチャー企業のマネージャー at 2007年11月23日 16:15
入ってみたい…
Posted by みずほ at 2007年11月23日 21:47
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。