ブーログ › フューネ三浦直樹の「感動葬儀。」ブログ › 終活の教科書 › あなたが死んだ時のことを考えてみる
2016年06月29日

あなたが死んだ時のことを考えてみる

終活とはこれまでに何度も述べてきたように、これまでの人生を

振り返り、これからの残りの人生を豊かにしていくことの為に、

行う各種の活動だと定義をしても良いのですが、ストレートに考えて

いけば、「死んだ時のことを考えてみる」ことが

大切です。

いきなり、死んだ時のことを考えろと唐突に言われても、多くの人が

混乱してしまうものでしょうが、「何歳まで自分は生きなければ

ならないのか」と考えれば、抵抗なく考えることができるはずです。

「生きなければならない」

という問いは命の使い方のこと聞いているのであり、即ち、

「使命」に繋がるのです。


人それぞれに使命は違うはずです。

妻より一日でも長く生きたい。借金を綺麗にしたい。

娘の結婚式に立ち会いたい。などなど。。。

人生において最低限、達成したいと思うことが使命であり、

使命を達成した先が「死んだ時」という時であるのです。

もちろん、想定をしたからと言って想定通り生きられる訳では

ありません。

しかしながら、想定をしていたほうが、間違いなくこれからの人生が

豊かになることは間違いないですし、それが大切だから、終活が

存在するのです。





同じカテゴリー(終活の教科書)の記事画像
一般社団法人日本HappyEnding協会
ダイヤモンド
5月17日 海洋散骨模擬体験クルーズ 参加者募集
同じカテゴリー(終活の教科書)の記事
 お骨の行き先 (2017-09-06 11:05)
 定年 (2017-09-02 08:12)
 家の売却 (2017-08-19 08:30)
 お盆の時期に考える (2017-08-15 09:01)
 葬儀後に故人のお金を銀行からおろすこと (2017-08-13 20:24)
 お仏壇の処分 (2017-06-09 08:36)

「終活の教科書」カテゴリーを一覧で見る

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。