2015年10月21日

長生きの先に

最新、2014年の日本人の平均寿命は男性は80.50歳

(13年80.21歳)、女性は86.83歳

(同86.61歳)でいずれも過去最高を更新しました。

女性の平均寿命は3年連続世界一であり、これからも平均寿命

は延びていくと推測されています。

平均寿命が延びるということは長生きを出来るということであり、

この世にいられる時間が増えることは本来多くの方にとってうれしい

ものです。

しかしながら、多くの方が口にしているのは長生き出来ることの

うれしさよりも「不安」が募る気持ちです。

まずは長生きするが上で一番心配するのは金銭のことでは

ないでしょうか。およそ、65歳で定年を迎え、平均寿命まで生きた

としてまあ平均的な日本人の暮らしをしていく仮定するとおよそ

6000万円必要と言われています。夫婦2人で単純に倍とは

言いませんが1億円はかかると見ていいでしょう。

当然のことながら、年金の受給だけでは賄える金額ではなく、定年時の

退職金を含めてもこれだけの用意が出来ない方がほとんどです。

結局のところ、65歳を過ぎても働くことが要求されるのが実態なのに、

働ける場所が限定される。そしてそれはあくまで健康であるという

想定での議論です。不安になるということは当たり前の話でしょう。




備えとしての保険が今、売上を伸ばしています。65歳を超えても

加入できる葬儀代を賄う少額短期保険や現役の時に年金のように

老後に受け取れる年金保険などなど・・・

フューネのお客様にご提案すること、多くのお客様が興味を持って

話を聞いて頂けます。

さらに資産があるからと言って保険は関係ないかというとそうでは

なく、今後も増えていくであろう自分の死後の相続税の支払い

の為に生命保険に加入されるお客様も増えています。




人間が長生きすることで発生するこれまではあまり考えなかった

金銭的なリスクは残念ながら、平均寿命が延びていく限り、

今後もますます増え続けることでしょう。

自分の死に対して全く資産を持たず生活保護の恩恵で淋しい

お葬式をされるお客様はただただ右肩上がりの現状を直面してして

いることを葬儀の現場で見ている私から言えば、若いからと言って

老後のことは関係ないという考えは全くの間違いであると強く

ここに断言しておきます。



お客様の「不安」を取り除くことが今、葬儀社の役割であると自覚

しています。豊かな人生を歩んで頂く為にも自分自身の

エンディングプランを早く考えて欲しいのです。




同じカテゴリー(お葬式の知識)の記事画像
ペーパレス
造形祭壇
続・ペットロス
続・消えゆく宮型霊柩車
日本初 壁かけ祭壇
消えゆく宮型霊柩車
同じカテゴリー(お葬式の知識)の記事
 待機 (2017-09-18 08:24)
 冷静さの裏側に (2017-09-16 09:05)
 ペーパレス (2017-09-14 10:43)
 いい葬儀とはの追求 (2017-09-08 08:23)
 ロボット導師 (2017-08-21 08:24)
 変わりゆく初七日の食事 (2017-08-05 08:25)

「お葬式の知識」カテゴリーを一覧で見る

「終活の教科書」カテゴリーを一覧で見る

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。