2015年07月17日

お尻の約束

約束の時間を守るということは人としての当たり前の行為であり、

相手から信用を勝ち取るには絶対に時間の約束は守らなければ

なりません。フューネの社員としては3つの約束事を守ることを義務

としており、そのうちの一つが「時間を守ること」

なのです。

ちなみに他の2つは「挨拶をする」「掃除をする」

二つです。この3つの約束事は社会人としては基本中の基本です。



時間を守らないで遅刻をしてくる人は少なからずいますが、遅刻をして

も平気な顔をしているのは本当に失礼なことです。

時間を守らないのは自分の時間を失うのではなく、

相手の時間を失うことなのです。仮に20分遅刻をして

しまい、相手が3人居ればそれは60分の時間を失うことになるのです。



「遅刻をしない」ということは多くの人は意識をしていると

思いますが、意外に意識をしていなくて守られていないのが

「お尻の時間」です。

予定をしていた時間を大幅に超えても平気でしゃべり続ける方は

結構たくさんいるものです。

特に忙しい時は以後の予定が遅れることになってしまうのです。

せっかく良い講演をされても予定の終了時間を超えてもまだ話続けて

いる講師は最終的なお尻の時間を守っていないのでマナー違反で

時として良い印象が悪い印象になってしまいます。

このようなケースは本当にもったいないのです。




葬儀において「お尻の時間」を守るのは本当に至難の業です。

お寺様のお経が長い時や会葬者が多い時は要注意です。

そして、お亡くなりの方と最後のお別れに対してはできる限り、

こころゆくまで、そして納得できるまで時間を使って貰いたいのです。

それを叶えることによってお尻の時間をオーバーしてしまうことは

「仕方ない」では済まされません。

仮にお客様が納得できた最後のお別れができたとしても、今度は

火葬場の受付時間に間に合わないといった事態に陥ってしまうのです。




結局のところ、時間を守らないと多くの人が迷惑をします。

私は遅刻をしないといって言っていてもお尻の時間を守らなければ

時間を守ったことにはならないのです。

















同じカテゴリー(フューネ(会社)のこと)の記事画像
喪中見舞いのお線香
お稚児行列
ペーパレス
フューネの広告代理店事業
日本初 壁かけ祭壇
無香料のお線香
同じカテゴリー(フューネ(会社)のこと)の記事
 サービス料 (2018-01-09 11:14)
 喪中見舞いのお線香 (2017-12-06 08:23)
 ポイントとスタンプカード (2017-11-27 08:19)
 お稚児行列 (2017-10-31 08:30)
 会葬・供花・供物辞退 (2017-10-29 16:11)
 サービスと効率 (2017-10-13 08:28)

「フューネ(会社)のこと」カテゴリーを一覧で見る

「日々いろいろ」カテゴリーを一覧で見る

この記事へのコメント
この場をお借りして申し訳ございません。
先日はお忙しい中ありがとうございました。
祖母や父親の最期がいつかくるので
きちんと向き合っていこうと想いました。
Posted by yuri at 2015年07月21日 18:23
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。