2012年09月12日

長距離搬送

死は突然やってくるものです。

どんなに健康な人でも、突然の身体の変調で最悪の場合は死に至りますし、

突然の災害や事故で命を落とされる方もいらっしゃいます。

また、亡くなる場所も様々です。

不幸にしてお亡くなりになられた場所がお住まいの近くならば良いのですが、

中には旅先で、出張先でという方や故郷を離れ、病気療養の為に地縁のない

場所でお亡くなりになられるケースがあります。

そのような時は、遠く離れた自宅までご遺体を搬送しなければなりません。

霊柩車での移動が一般的ですが、場合によっては飛行機や船を使用して

搬送をします。

霊柩車各社とも対応はまちまちですが、400kmを超える距離では、運転手が

2名以上必要になったり、駅伝方式で霊柩車から霊柩車へ

せ換えて運びます。





フューネのグループ会社「ゼロナイントヨタ」では、

霊柩車の長距離搬送の「業務を受け持っています。

ご遺体を「一刻も早く故郷に連れて帰りたい」と思う

お客様のニーズに対応する為に、時として夜を徹して走ります。

途中の休憩の際も霊柩車にご遺体が乗っている状態では、

車を離れることもできません。

やはり、通常の貨物とは違うのです。

長距離の場合はご遺体の保全にも気をつけます。

車の振動でご遺体が傷ついたりしないように、また腐敗が進まないように

細心の注意が必要です。




人が亡くなる場所はできることならば、自分の住んでいる町が良い。

見知らぬ町での死はどこか孤独を感じますから。


同じカテゴリー(社長が書く「フューネグループ」)の記事画像
さよなら宮型霊柩車
続・消えゆく宮型霊柩車
歴史価値!? 宮型霊柩車
日本遺産
5月10日は母の日
大雪のハプニング
同じカテゴリー(社長が書く「フューネグループ」)の記事
 トヨタ車しかない現実に (2017-07-03 18:04)
 さよなら宮型霊柩車 (2017-06-19 09:11)
 続・消えゆく宮型霊柩車 (2017-04-28 08:10)
 歴史価値!? 宮型霊柩車 (2015-07-29 09:38)
 日本遺産 (2015-07-19 08:15)
 5月10日は母の日 (2015-05-08 09:06)

「社長が書く「フューネグループ」」カテゴリーを一覧で見る

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。