2008年07月04日

あの世

5月の発表された統計によると

あの世の存在を信じていない人の割合は

70%を超えたという

葬儀社にとっては衝撃的な事実が発表されました。

なぜならば、昔からのお葬式の仕方というのは、「あの世」の存在があるから

成立するわけであって、70%以上の方が信じていない現状では

「今のお葬式のやり方では駄目ですよ。」

とお客様から言われているようなものです。

仏教のお葬式では亡くなった人があの世までの旅路で迷わないように

導くための「導師」の存在があり、「あの世」の存在が否定されれば、

お葬式におけるお寺様の存在意義がなくなってしまいます。

最近ではお葬儀は

「家族葬でお寺さまは一人いれば十分」

と考えているお客様が増えていますが、

おそらくこのようなリクエストをされる喪主さまは

「あの世」の存在は否定しているものとおもわれます。

そもそも「あの世」とは仏教でいえば浄土のことです。

浄土とは如来さまが住んでいる清められた聖域のことです。

〔如来=悟りの開いたもの〕

実は如来さまの数だけ浄土の存在があることはあまり知られてていません。

よく、温泉などにつかりあまりの気持ち良さから「極楽、極楽」

と言ったりしますが、

正確には阿弥陀如来が支配している浄土を極楽浄土といい、

「極楽」はそこからきています。

「あの世=極楽浄土」だと思っている方が多いですが、

例えば薬師如来が支配している浄土を瑠璃光浄土といいます。

極楽浄土は西の果てにあるといわれ

瑠璃光浄土は東の果てにあるといわれています。

ですから極楽浄土のことを西方浄土ともいいますが、

なぜ、こんなに浄土=極楽浄土になったかというと

あの世までいく行き方を明確に示しているのが極楽浄土だけなのです。

その方法とは「南無阿弥陀仏」とお念仏を唱えること

ですから、浄土宗・浄土真宗のお葬式では

残されたご遺族がお念仏をとなえるのです。

「どうか、お浄土までの旅路が安らかでありますように」

今までのお話「あの世」の存在を信じていない方にはどうでも良いお話でした。




同じカテゴリー(役立つ雑でない雑学)の記事画像
修多羅
鬼のパンツはなぜトラ柄なのか。
観音さま
火を熾す。火を守る。
人形
女の財産
同じカテゴリー(役立つ雑でない雑学)の記事
 煙と匂い (2018-09-23 08:16)
 ギフト力 (2018-06-23 09:56)
 葬儀後に故人のお金を銀行からおろすこと (2017-08-13 20:24)
 戒名と俗名 (2017-05-10 08:33)
 須弥山 (2017-03-11 08:43)
 修多羅 (2016-08-16 08:15)

「役立つ雑でない雑学」カテゴリーを一覧で見る

この記事へのコメント
あの世はどこかで疑いつつ信じてます●
あの世があるから、今の自分が正しいか見つめれる気がします。
Posted by gakky at 2008年07月04日 09:27
人生ファイル教室で会長がお話されていたことを思い出しました。

永遠のテーマなんですよね。
繋がり、ご縁。
Posted by しましま at 2008年07月04日 12:45
この世も、あの世からすれば、あの世の気がいたします(^^;)

この世も、あの世も、毎日明るく元気に!?暮らしたいものですね(^^)
Posted by 上豊田の侍 at 2008年07月04日 15:30
あの世を信じない人は輪廻転生は信じるのでしょうか。
難しいテーマです~。
輪廻がなくなれば生死をくりかえさなくなります。
浄土とはこのことを指しているのでしょうか?
・・・わからん。
Posted by 大宮龍幸 at 2008年07月04日 20:59
寺の意識も 変わらなければ、あの世を信じる人の減少は止まらないと思っております。
日本だけでなく世界の葬儀も徐々に変わっているのですね・・・・・
http://www.excite.co.jp/News/odd/E1215160422820.html
Posted by HonHon at 2008年07月05日 05:03
gakkyさま
フューネの分類ではあなたは
「どちらかというとあの世の存在を信じる」
お客様です。
あの世があるから、今の自分が正しいか見つめれる気がします。
は私個人はすごく共感できることです。

しましまさま
あの世のぞんざいを信じるならばしましまさまに
出会えたのも仏縁なんですね。
ご縁を大切にしたいものです。

上豊田の侍さま
その通りだと思います。
今、楽しく生きることが大切ですよね。

大宮先生
先生の基本的な考え方は合っています。
輪廻転生から抜け出すことが
浄土へ行くことに繋がるのです。

HonHon さま
貴重な資料ありがとうございました。
大変参考になりました。
Posted by フューネ三浦 at 2008年07月05日 09:28
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。