2008年04月07日

ペットロス



「ペットロス」という言葉はご存知でしょうか?

直訳すれば「ペットを失うこと」ですが、

ペットロス(Pet loss)とは、「愛玩動物喪失」と訳されます。

最近ではペット動物もペット(愛玩する動物)から

コンパニオンアニマル(伴侶になる動物)へと考え方が変わってきており、

ペットロスとは愛するペット動物を失う体験をいいます。

ペットはもはや最愛の家族と同じ扱いです。

その家族としてのペット動物との別れに伴う心理的な苦しみや

身体的変調が起きることの総称的な用語がペットロスです。

最愛のペットを失いうつ病や自律神経失調症になったりすることは

ペットロス症候群という病気に認定されているのですね。

ペットロス症候群にならない為には、

弔いを納得いくかたちですることが大切です。

今はペット火葬やペットのお墓もありますし、

少々お金がかかりますがペットのご遺骨でダイヤモンドを作ったり、

遺骨をペンダントにできるサービスもあります。

ペットも人間と同じ弔いが必要なのですね。

ペットも大事な家族の一員であることはもう常識の時代。

最愛のペットの「もしも」のときに慌てないように、

そして、ペットロス症候群にならないようにご注意ください。




同じカテゴリー(役立つ雑でない雑学)の記事画像
修多羅
鬼のパンツはなぜトラ柄なのか。
観音さま
火を熾す。火を守る。
人形
女の財産
同じカテゴリー(役立つ雑でない雑学)の記事
 葬儀後に故人のお金を銀行からおろすこと (2017-08-13 20:24)
 戒名と俗名 (2017-05-10 08:33)
 須弥山 (2017-03-11 08:43)
 修多羅 (2016-08-16 08:15)
 愛別離苦 (2016-05-22 08:40)
 鬼のパンツはなぜトラ柄なのか。 (2016-03-05 08:39)

「役立つ雑でない雑学」カテゴリーを一覧で見る

この記事へのトラックバック
こんにちは!焼肉勢です。春の新メニューができました!宜しかったら覗いてみてくださいね♪
春季限定メニュー【プラスの勢い!和牛焼肉勢 伊勢尚徳のブログ】at 2008年04月08日 19:16
この記事へのコメント
ペットロス症候群の話しは自分も以前、なにかの記事で読んだ記憶があります。愛するペットの死は家族の一員を失ったと同様、とてもショックな出来事です。三浦社長さまと同じく、死に関わる仕事をしているものとして、傷心されている方々のこころをどうしたらケアできるのか。常に前向きに考えなければならないことであると、深く思います。
Posted by 永田や COO永田や COO at 2008年04月07日 11:59
・・・私はわんこ大好きなので、気をつけたいと思います。(汗
Posted by Water-Hammer at 2008年04月07日 16:45
多分オトちゃんが亡くなったら出社拒否になるだろうなあ・・・。

ごめんなさいだけど愛するわが子なので事実。

ちなみに今日アートオフィスさんに行く途中の橋でニャンコが轢かれて

お亡くなりに・・(涙)

急遽土手を掘って埋葬していた怪しい女はワタシです。
Posted by しましましましま at 2008年04月07日 20:30
永田やCOOさん
人間も動物も亡くなったら悲しいという事実は変わらないですよね。
悲しみを和らげることが私も永田やさんも同じ使命を背負っています。
傷心されている方々のこころをどうしたらケアできるのか
永遠の命題です。

Water-Hammerさん
愛情が深ければ深いほどペットロス症候群になりやすい。
気をつけてください。

しましまさん
あなたのオトちゃん依存症は有名なはなし。
ペットロスに一番気をつけないといけない方ですね。
Posted by フューネ三浦 at 2008年04月08日 08:35
ペットの最期はとても見るのが辛いけど、見ないともっと辛くなりますもんね。しっかりと知識をつけて弔ってあげることが一番大切だと思います。
色々と自分なりに調べた知識があるので気軽に見てって下さいね!
Posted by at 2008年10月27日 15:51
Kさま
コメントありがとうございました。
また、Kさまのページ拝見しました。
大変くわしい内容で、また活用させて頂きます。
Posted by フューネ三浦 at 2008年10月28日 08:20
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。