2010年12月07日

プリウスの霊柩車 その後



10月より、新商品として導入させて頂いたプリウスの霊柩車

早いもので導入して早2ヶ月が経ちました。

おかげさまで多くの方より、ご好評を頂いています。

新聞やテレビで取り上げられたおかげで、豊田市のみなさまがプリウスの

霊柩車に対して認知度もかなり高いものとなりました。

お葬式の打ち合わせの際に喪主様はじめご遺族の方から

「新聞に載っていたいたプリウスを」

と霊柩車の説明をする前に「指名買い」を頂くお客さまも

いらっしゃいました。  大変ありがたいことです。




また、トヨタ自動車の工場のラインでプリウスを製作をされている方が喪主を

務められた時はリムジン型のプリウス霊柩車に大絶賛でした。

自分の作っている車の霊柩車の完成度に高い評価を頂くと同時に、

霊柩車製造の様子を事細かにご質問されました。

さらにご弔問のお客様も喪主様の同僚の方は興味津々で中には

写真を撮られる方もいらっしゃいました。

工場でプリウスを作っている方が霊柩車のプリウスをご使用になられるお客様

が多いのはまさに車の街「豊田市」ならではです。





フューネの葬儀会館ではお葬式の際でも葬儀閉式後、出棺までの待ち時間に

ご参列のみなさまが車を取り囲んでいる光景に何度も出会いました。

まだまだ、「霊柩車は黒色」という固定概念にとらわれた方々ばかりで

白色の霊柩車に驚かれる方ばかりです。




現在のところプリウスの霊柩車は1リットルあたり22キロ

低燃費を実現しています。

これは想定していたよりも燃費がよく、既存の霊柩車の1リットルあたり5キロ

くらいしか走らない車と比べても大変エコロジーなことが実証されました。



こらからも豊田市の街を白くて長いプリウスが走ります。

あの長さは絶対に判りますから。見逃さないでください。














同じカテゴリー(社長が書く「フューネグループ」)の記事画像
さよなら宮型霊柩車
続・消えゆく宮型霊柩車
歴史価値!? 宮型霊柩車
日本遺産
5月10日は母の日
大雪のハプニング
同じカテゴリー(社長が書く「フューネグループ」)の記事
 トヨタ車しかない現実に (2017-07-03 18:04)
 さよなら宮型霊柩車 (2017-06-19 09:11)
 続・消えゆく宮型霊柩車 (2017-04-28 08:10)
 歴史価値!? 宮型霊柩車 (2015-07-29 09:38)
 日本遺産 (2015-07-19 08:15)
 5月10日は母の日 (2015-05-08 09:06)

「社長が書く「フューネグループ」」カテゴリーを一覧で見る

この記事へのコメント
販売した商品がお客様のお役に立てていることが本当に幸せです。お葬式というセレモニーのほんの一部である霊柩車にここまで気持ちを寄せていらっしゃる三浦さんのビジネスが成功するはずです。納得です。年の瀬を迎え、プリウス君も三浦さんもお体に気をつけてますますのご活躍を!
Posted by つか at 2010年12月07日 09:58
こんにちは。

既存の霊柩車の燃費ってそんなに悪いのですか?

びっくりです。

今年、葬儀屋さんにお世話になったのですが(すんません社長の所では無いです(^_^;))車はクラウン。
いくらクラウンでも、そんなに悪いと思いませんが、何故なんでしょうかね…。
Posted by 華玉山 依芽呂または、華珠家 舞芽鷺 at 2010年12月07日 10:49
つかさま
ありがとうございます。おかげさまで車両ともども好調を維持しています。よきご縁を頂き本当 にありがとうございます。

華玉山さま
霊柩車はベース車両に改造を加えていますのでどうしても車両重量が重くなります。その上100KG近いお棺を乗せる訳ですので燃費は通常の乗用車よりは悪いのが通説です。
Posted by フューネ三浦 at 2010年12月08日 09:43
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。