2010年11月23日

懐紙の折り方

お茶席には必要不可欠な「懐紙(かいし)」

懐紙とは懐に入れて携帯するための小ぶりで二つ折りの和紙ですが、

世界中で使われている数々の紙の種類の中でこれほど万能な紙

他にはないのではないでしょうか?

お茶席ではお菓子を頂く時の「皿」になり、お抹茶を頂いたときに茶碗を

拭き清める「フキン」になり、あまったお菓子を包む「袋」にもなります。

その他、鼻をかむときには「ティッシュ」となり、「メモ帳」として

何かを書きとめておくことも出来るのです。

てんぷらなどの料理の下に敷くのも懐紙の役割です。

料理に華を添える役割のほかにてんぷらの不要な油を

取り除く
という実用性もあり、懐紙は日本の文化には欠かすことの

出来ない「紙」なのです。




さらにお葬式や法事でも懐紙は大活躍です。

ご自宅の仏壇のお供えするお供え物の下にも敷きますし、お葬式の祭壇にも

懐紙では小さい場合は「半紙」でお供えもの下に敷きます。




ところで、この懐紙には折り方があります。

それも単純に折れば良いというのではなく、折り方にも「慶事用」

折り方と「弔事用」の折り方があるのです。

言葉だけでは説明が難しいので、下の写真をご覧ください。





上の写真が「慶事用」で下の写真が「弔事用」の折り方です。

上になる紙が右下がりが慶事用です。その逆が弔事用です。

お悔やみの時はお祝いとは反対のことをするという行為こそ

まさに「逆さごと」という考え方であり、弔事の時は通常とは

逆のことをするのです。

「逆さごと」について詳しくは以前のブログ記事「逆さごと」をご覧ください。



残念なことにそこそこの料理店でも間違えて逆に折ってある懐紙で料理が

提供されることがあります。

最近ではお客様の方も懐紙の折り方をご存知ない方が多く、

別に気にもされない方も多いのですが、折り方を知っている方にとっては

非常に不愉快であり「縁起でもない!」とお叱りを

受けることもあります。



たかが紙の折り方も意味があり、知らないよりは知っていたほうが良い

懐紙の折り方のお話でした。










同じカテゴリー(役立つ雑でない雑学)の記事画像
修多羅
鬼のパンツはなぜトラ柄なのか。
観音さま
火を熾す。火を守る。
人形
女の財産
同じカテゴリー(役立つ雑でない雑学)の記事
 煙と匂い (2018-09-23 08:16)
 ギフト力 (2018-06-23 09:56)
 葬儀後に故人のお金を銀行からおろすこと (2017-08-13 20:24)
 戒名と俗名 (2017-05-10 08:33)
 須弥山 (2017-03-11 08:43)
 修多羅 (2016-08-16 08:15)

「役立つ雑でない雑学」カテゴリーを一覧で見る

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。