2019年01月15日

体調不良と葬儀の参列

冬になると風邪を引きやすくなり、体調不良を押して仕事や学校に

通われている方も多いのではないでしょうか。

体調が少しでも悪いと健康であることの有難さを改めて実感

できます。いつでもどんな時でも健康でありたいものですね。




お葬式というのは近親者にとってすべての予定をキャンセルしてでも

参列することの意味のある大切な儀式です。

すこしくらいの無理はしなければならないものとも言えます。

結果的に体調が優れなくても無理をして葬儀に参列される方は多々

いらっしゃいます。

中には入院されている方が一時外出の許可をとっての参列や

高熱があるのに参列をされている方も時折、見受けられます。

体調不良である当事者の方は本当にしんどいと思いますが、

それでも参列をすることに大切な理由があるのです。

しかしながら、無理をしているので葬儀の途中に我慢できずに

倒れられることもあるのです。

時には葬儀の最中に救急車を呼ばなければならないくらいの

重病なケースをあるのです。

葬儀中に救急車を呼ぶことは結構頻繁にあるのです。




時には喪主様が高熱にうなされながら、喪主を務められることも

あります。おそらくご本人は「こんなときに」と思って頑張って

おられるのでしょうが、大切な人がお亡くなりになられるという

精神的・肉体的な負担は相当なものであり、誰でも何かしらの

不調に陥りやすいものです。

葬儀社である私たちが出来ることはとにかく出来る限りのサポート

をすることのみです。

親を亡くした方に生命に関わらない限りは多少の体調不良であれば

「参列しないでご静養ください」

とは決して言うことはできないのものです。

お客様には体調を何とか取り戻して頂きたいと願いつつ、いつも

突発の対応にも細心の注意を払って葬儀の運営を行うのも

フューネの役割です。








  

Posted by フューネ三浦 at 09:40 │お葬式の知識

コメントをする・見る(0)

2019年01月01日

2019年 明けましておめでとうございます。



みなさま、新年あけましておめでとうございます。

今年も「感動葬儀。」ブログをどうぞ

よろしくお願いいたします。

今年はイノシシ年。猪突猛進で迷いなく真っ直ぐな気持ちで

一年間を過ごしたいですね。

そして、いよいよ平成が終わり、新しい時代に入っていきます。

世の中が大きく変わっていくような予感がひしひしとしています。

しかし、どんな時代になっても変えてはいけないものを変えない

ようにしていかなければ、私たちの立ち位置は不安定になって

しまいます。

葬儀においておいて一番変えてはならないのは死者を

「弔う心」

そして、「死」を通して私たち自身は「生きている」という

ことを実感することです。

今年も一年間どうぞフューネにブログにご期待ください。


  

Posted by フューネ三浦 at 06:59 │イベント&ニュース

コメントをする・見る(0)