ブーログ › フューネ三浦直樹の「感動葬儀。」ブログ
2019年11月15日

最高の人生の見つけ方



先日、吉永小百合と天海祐希の主演の映画「最高の人生の見つけ方」を

観てきました。


最高の人生の見つけ方公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/saikonojinsei/



この映画は2007年から公開され世界中で大ヒットした同名ハリウッド

映画を原案に、日本映画としてリメイクしたものです。

末期がんの主役の二人が死ぬまでにやりたいことリストを基に

様々なことにチャレンジするストーリーとなっています。

2007年のハリウッド映画はジャック・ニコルソンと

モーガン・フリーマンが共演した同名映画も私は観ましたが、

「死ぬまでにやりたいことリスト」を

「バケットリスト」と言い、日本語に訳すと「棺おけリスト」

と呼ばれるのです。

人生は終わりよければすべて良しというところがあり、

人生の前半に苦労することと人生の後半に苦労することを比べれば

圧倒的に人生の前半の苦労の方が幸福度は増すという統計も

あるのです。


自分自身の生き方、そして死に方を考えるにはとても意味のある

映画であり、オススメです。


今回主役の吉永小百合さんももクロのライブの映像や

ウエディングドレス姿はとても美しく魅力的でした。

ファンの方にはたまらない一作だと思います。






  

「お葬式の知識」カテゴリーを一覧で見る

「日々いろいろ」カテゴリーを一覧で見る

Posted by フューネ三浦 at 14:54 │お葬式の知識日々いろいろ

コメントをする・見る(0)

2019年11月05日

お葬式は出会いの場

「弔問外交」という言葉が存在するようにお葬式の場は人と人が

交差する交差点であり、出会いの場であり、再会の場です。

私の仕事の役得の一つに「同級生と再会」出来ることというもの

があります。

普段は地元にいてもめっきり会わなくなった同級生にも葬儀とご依頼を

頂くことで何十年振りに再会することも出来ますし、地元を離れ

活躍している同級生にも近親者の死によって帰郷しこれまた

再会することが出来ることの多さは葬儀という仕事に就いたものの

特権のようなことです。



本来の「出会いの場」であるお葬式が人と人繋がりの希薄さが近年、

顕著になってきています。家族葬の増加によって弔問客の減少して

いることは説明をするまでもないと思いますが、従来のお葬式に

おいても弔問客は減少しています。

減少している一番の原因は「通夜と葬儀のどちらかに出席すれば良い」

という考え方の方がすごく増えていることだと思います。

昔は通夜と葬儀の両方に出席していた方がどちらかだけの出席により

弔問客は家族葬でなくても減少するのです。

結果的に希薄化に繋がり、人と人との出会いの回数も減少するのです。



元来、お葬式は人と人のご縁や目に見えない絆で結ばれていることを

実感できる場であるのです。

簡素化・簡略化は時代の流れとはいえ、お葬式が出会いの場であること

と考えると多くの人々の人生において少し損をしているように

思うのです。














  

「お葬式の知識」カテゴリーを一覧で見る

Posted by フューネ三浦 at 08:30 │お葬式の知識

コメントをする・見る(0)

2019年10月14日

納骨堂 満徳寺廟オープン

10月12日 納骨堂満徳寺廟がオープンしました。

台風の中という生憎の天気の中でしたが、

多くのお客様にお越し頂きました。

翌日のイベントは台風一過の透き通るような青空の下、大盛況でした。

地元において、名物となるような新しくも伝統を守っていく素晴らしい

納骨堂の完成です。












  

「イベント&ニュース」カテゴリーを一覧で見る

Posted by フューネ三浦 at 10:05 │イベント&ニュース

コメントをする・見る(0)

2019年10月09日

納骨堂 満徳寺廟をオープンします。








この度、フューネのプロデュースする「納骨堂」を豊田市前林町の

満徳寺境内に

オープンすることになりました。

オープンを記念して、お披露目会を

10月12日・13日に満徳寺にてオープニングイベントを

開催させて頂きます。

是非とも、多くの方のご来場をお待ちしています。


納骨堂は和洋折衷の意匠が施された、とても斬新な建物です。

豊田市前林町の地域の名物になる予感がします。



  

「イベント&ニュース」カテゴリーを一覧で見る

Posted by フューネ三浦 at 08:19 │イベント&ニュース

コメントをする・見る(0)

2019年10月01日

MC通信50号

MC(ミウラキャッスル倶楽部)通信が発刊されました。

一年に2回の発刊ですが、今回で記念すべき50号の節目です。

そして、今回の表紙はなんと「私」です。

今年フューネは創業65周年を迎えることになり、

企業のトップメッセージとして書かせて頂きました。

是非、ご一読頂ければ幸いです。












記事が読めるサイズはコチラ↓
https://indd.adobe.com/view/47f6b0d7-84d3-4092-a5ca-f167c897487c  

「イベント&ニュース」カテゴリーを一覧で見る

Posted by フューネ三浦 at 11:01 │イベント&ニュース

コメントをする・見る(0)

2019年09月22日

日経MJ新聞に中日ドラゴンズ公認のご遺骨ペンダントが掲載されました。

9月13日付け日経MJ新聞に弊社の取り組みである

中日ドラゴンズ公認のご遺骨ペンダントの記事が紹介されました。


  

「イベント&ニュース」カテゴリーを一覧で見る

Posted by フューネ三浦 at 13:59 │イベント&ニュース

コメントをする・見る(0)

2019年09月19日

松坂屋終活フェア

9月11日~16日までの6日間、松坂屋豊田店にて、

フューネの松坂屋さんとのコラボレーション企画で「終活フェア」を

開催しました。

おかげさまで初日から多くのお客様がお越しになられて出展ブースは

大盛況でした。

特に今回目立ったのは子供の来場者が多かったのです。

デパートで開催という特性もあると思いますが、

終活ということに抵抗が無くなってきていることを実感します。

次回も開催の予定があります。

是非、お楽しみに。
















  

「イベント&ニュース」カテゴリーを一覧で見る

Posted by フューネ三浦 at 08:42 │イベント&ニュース

コメントをする・見る(0)

2019年09月08日

松坂屋豊田店で終活フェアを開催します。




今年2回目の終活フェアを松坂屋豊田店8階大催事場に開催します。

9月11日から9月16日までの6日間。

午前10時から午後6時まで
(最終日は午後4時まで)

今回のフェアでは人形供養をはじめ、様々なワークショップが集まり、

色々な体験ができるスペースになっています。

その他、葬儀関連の商品を多数展示。

仏壇の新規購入は増税前の今がチャンス! 

ぜひご来場ください。


フェアの詳細は↓
https://www.fune.ne.jp/news/entry-308.html  

「イベント&ニュース」カテゴリーを一覧で見る

Posted by フューネ三浦 at 17:07 │イベント&ニュース

コメントをする・見る(0)

2019年08月29日

ドアラ様来店で発売開始

フューネが運営する現代仏壇店

「ギャラリーメモリアイオンモールナゴヤドーム前店」

にドアラ様がご来店頂きました。

店内はドアラ見たさに人・人・人。

瞬間的ではありましたが、オープン以来最高のご来店客数でした。





フューネのキャラクター「ジーンパパ」とも初コラボ。

今回、ドラゴンズグッズとして

日本初中日ドラゴンズ公認「ご遺骨ペンダント」を

イオンモールナゴヤドーム前店のみで限定販売を

することになりました。

このご遺骨ペンダントが購入できるお店は日本でここだけ。





生前ドラゴンズ愛でいっぱいだった大切な人と野球観戦に行ける

ペンダントです。

是非、興味のある方はイオンモールナゴヤドーム前店の

ギャラリーメモリアに足を運んでみてください。

ご来店をお待ちしています。





  

「日々いろいろ」カテゴリーを一覧で見る

Posted by フューネ三浦 at 12:21 │日々いろいろ

コメントをする・見る(0)

2019年08月24日

エンディング産業展2019



8月20日から22日まで東京ビックサイト開催された

エンディング産業展2019に参加して参りました。

3日間の来場者数は約23000人。

供養産業では日本最大のイベントであり、

中国・台湾・韓国などの国々の供養産業に従事する方々の

参加もあり、日本だけでなく国際的な人的の交流の出来る

イベントです。

今回は初日と最終日にセミナー講師を依頼され、2コマの

講演をしてまいりました。





初日は葬儀社向けに「中小葬儀社の生き残り戦略」

最終日は仏壇店向けに

「ショッピングモールで仏壇を販売するメリット」

と題し、講演をしましたがおかげさまで両日も会場は満席、

一部立ち見のでる程の盛況ぶりでした。










今回も多くの人と出会うことができました。

ご縁を大切にして今後も精進してまいります。

今回、私の講演を聴講して頂きました皆様、

ありがとうございました。



  

「イベント&ニュース」カテゴリーを一覧で見る

Posted by フューネ三浦 at 09:01 │イベント&ニュース

コメントをする・見る(0)

2019年08月10日

沈黙

戦後最悪と言われる日本と韓国の関係は修復できる可能性は

あるのでしょうか。

「約束」を守るという行為の上で成り立っている信頼関係は

約束を守らなくなった瞬間にすべてのことがうまくいかなくなる

ということの戒めです。

日韓の様々な交渉の中で「沈黙」という行為がしばしば

見受けられます。

「沈黙」には様々な意味合いがありますが、日韓交渉の場面では

「無視」という意味合いが多いのではないしょうか。

日本には「沈黙は金なり」という格言があり、一般的には、

「時には優れた弁論や弁解よりも、黙っていることの方が

大切である」という意味で使われています。

沈黙には余計なことをしゃべらないという危険防止効果だけではなく、

相手の出方を待つという「余裕」をコチラ側に味方に付けるという

効果もあるのです。



葬儀の現場では「沈黙」はとても重要なことです。

どんなにお悔みの言葉を並べるよりも「沈黙」という行為で言葉以上の

弔意が伝わります。

悲しみにくれる人々の前で余計なことを言うことは絶対的な

タブーです。

言葉というものは一見するととても便利な情報伝達のツールですが、

同時に相手を攻撃して傷つけてしまう危険な刃です。

「沈黙」を上手に使うことで、自分自身の想いを相手に正しく伝えたい

ものですね。

  

「日々いろいろ」カテゴリーを一覧で見る

Posted by フューネ三浦 at 13:32 │日々いろいろ

コメントをする・見る(0)

2019年07月30日

ご馳走を食べる

冠婚葬祭の各種の行事は生まれて死ぬまでの人生における

ライフイベントであり、必ずと言ってよいほど食事が提供されます。

ご参集頂いた皆さまが一同に会し、同じ空間で同じものを食べる

という行為は冠婚葬祭においては非常に大切なことであり、

その行為を「共有」することで一族の結束を含めた人間の絆を

強くしていくものです。

そして、冠婚葬祭において提供される食事はいわゆる「ご馳走」

です。しかし、飽食と言われる現代において必ずしも冠婚葬祭に

提供される食事は「ご馳走」と感じない方が増えています。

特に葬儀における食事をご馳走と感じない方が増えています。

家族葬などの小規模なお葬式が増えたことで、祭壇なども

予算をかけないで行うことが増えてはきていますが、同時に

多くの方々に振る舞っていた食事も気が付けば家族だけという

場合もあり、このような場合はお腹が満たされれば良いという考え

が優先されてしまうことも多くなってきました。



昔はお正月・お盆くらいしか食べれなかったお寿司も毎週当たり前の

ように食べることの出来る時代に本当の意味のご馳走は冠婚葬祭に

おいて必要が無いと考える方も増えています。

言葉の意味からの「ご馳走」とはおもてなしをする側が四方八方に

走りまわって、かき集めた「食材」を使って振る舞う食事が

ご馳走であり、そういった本来の意味のご馳走を食べることのできる

機会は冠婚葬祭においては壊滅しているかもしれません。

美味しい料理を食べたいという欲求は誰もがあると思いますが、

本当に心のこもったご馳走を食べることが本当意味で幸せなことだと

思います。

そういった意味では葬儀における食事がご馳走だと評価されない

現状は私自身も多いに反省しなければならないことのひとつなのです。







  

「お葬式の知識」カテゴリーを一覧で見る

Posted by フューネ三浦 at 08:24 │お葬式の知識

コメントをする・見る(0)

2019年07月09日

三浦さん ミウラさん



おかげさまで今年、フューネは創業65年を迎えることになります。

私のひいおばあさんが始めた「三浦生花店」という小さな花屋や

商売の原点です。

今から65年前からのお客様も存在する訳で65年の年月を考える

と本当に多くのお客様の支えによって今日まで、企業が存続して

いることに感謝でいっぱいです。




「花屋さん」「葬儀屋さん」とお客様に言われることは多々

ありますが、それ以上に「フューネさん」と企業名で呼んで

頂けるお客様が数多く存在します。

固有名詞を使って呼んで頂けることはとても嬉しいことであり、同時に

お客様からの信頼の証だと思うのです。

「フューネさん」と呼ばすに「三浦さん」「ミウラさん」と呼んで

頂けるお客様も未だに多く存在します。

「三浦さん」「ミウラさん」は何が違うのかというと、「三浦さん」と

呼んで頂けるのは「三浦生花店」時代からの馴染みのお客様であり、

「ミウラさん」と呼んで頂けるのは「ミウラ葬祭センター」の頃の

お客様です。私の個人のことを指す「三浦さん」と含めると

同じ「みうら」でも3種類の意味合いがあり、確かに「三浦」は

私の苗字ではありますが、多くのお客様にとってなじみのある

企業名になっていることを実感します。



株式会社ミウラ葬祭センターから株式会社フューネに社名変更

したのはもうすでに14年前のことです。

いまだに多くのお客様が「ミウラさん」と親しみを込めて呼んで

頂けるのは本当に有難いことです。

しかしながら、未だに「フューネ」と言っても解ってもらえずに

「ミウラ葬祭」と言い換えると解って頂けるお客様は本当に

多くいらっしゃり、まだまだ私自身の努力が足りないことを

思い知らされます。

創業65年を超えてこれからも地域の皆様に「葬儀屋さん」ではなくて

企業名で呼んで頂けるような会社を築いていく所存です。

これからもよろしくお願いします。























  

「フューネ(会社)のこと」カテゴリーを一覧で見る

Posted by フューネ三浦 at 08:16 │フューネ(会社)のこと

コメントをする・見る(0)

2019年06月24日

三冊目の著書を発売します。



この度、7月2日に私の三冊目の著書

「2代目葬儀社社長が教える絶対に会社を潰さない事業承継のイロハ

代替わりは社長の終活」

を発売します。

葬儀社の社長が書いた事業承継の本は日本初です。

中小企業において、事業承継は本当に難儀な仕事であり、

結果的に事業承継を失敗することは会社の存続に関わることです。

これまでに私自身が経験したことを文章化したのがこの本ですが、

事業を継承した側の人間が書いた事業承継の本は少ないと思います。

興味のある方は是非、ご購入ください。




  

「イベント&ニュース」カテゴリーを一覧で見る

Posted by フューネ三浦 at 15:05 │イベント&ニュース

コメントをする・見る(0)

2019年06月20日

フューネラルビジネスフェア 2019

今年も6月17日・18日にパシフィコ横浜で開催された、葬儀業界最大の

展示会であるフューネラルビジネスフェアに行ってきました。

今年も8年ぶりにブース出展や講演などの活動をしませんでしたので

完全にお客様としてゆっくりと各ブースを見ることができそうだと

思って会場に行ったのですが、とにかくたくさんの葬儀業界の関係者が

集う展示会なので、いろいろな人に会って話しをしていたら、ブースを

見る時間が無くなり、あっという間に終わってしまったというのが

感想です。














毎年、この展示会に参加をしていますが、年々会場の中がカラフルに

なってきています。葬儀の業界も随分と明るくなったものだと思うのと

同時に昔からの葬儀の問屋さんのブース出展がほとんどないのも

傾向でしょうか。

  

「イベント&ニュース」カテゴリーを一覧で見る

Posted by フューネ三浦 at 10:38 │イベント&ニュース

コメントをする・見る(0)

2019年06月11日

服装のマナー

「ドレスコード」という言葉があります。

簡単に説明をすると「服装の規則」という言葉で表現をするのが

正しいと思いますが、冠婚葬祭をはじめレストラン・ゴルフ場など

ではドレスコードを守ってTPOに合わせた服装を着用するのは

マナーの基本です。

服装のマナーというものは「相手に対する思いやり」の為に

存在をするのです。

レストランで誕生日などの記念に食事をしている時に隣に座った

お客様が作業着に近い汚い服を着ていれば、せっかくの記念日

の会食が台無しになってしまいます。

デートの時もドレスコードは守るべきで、例えば男性が女性に

「着物を着てきて欲しい」ということをお願いした時に自分は

Tシャツにジーパンという格好でデートに臨んだら着物を時間を

かけて着た女性はどのような気持ちになるでしょうか。

相手に合わせて和装とはいかなくてもスーツやジャケットなどの

服装で臨むべきです。

相手に対する思いやりがあれば、ドレスコードは自然に守っていける

ものです。



最近のお葬式は小規模化、簡素化の傾向にあり、葬儀の時の服装

においても簡略化を望まれるお客様が非常に増えてきています。

中には葬儀において普段着といっても良いようなラフな格好で参加

をされる方もいらっしゃいます。

特にお通夜の時は職場の制服や作業着のまま参列をされるお客様は

多いのですが、やはりどんなに時間が無くても、着替えをして参列を

することが「相手に対しての思いやり」でしょう。

参列をする以上、突然の悲しみに襲われたご遺族に対し何らかの

「弔意」をお伝えするのが本意であるのです。

その為にはたとえお悔みの言葉は発することが無くても弔意を示す

「黒」色の服を着ることで充分に弔意を伝わるのです。

ですから、例え時間が無くても着替えてから参列することがいかに

重要なことが理解をして頂いたと思います。





繰り返しになりますが、服装のマナーとは「相手に対する思いやり」。

日常の生活の中でも相手にあわせて着るものを選ぶことが出来る

人はとても素敵な人です。


















  

「役立つ雑でない雑学」カテゴリーを一覧で見る

Posted by フューネ三浦 at 08:10 │役立つ雑でない雑学

コメントをする・見る(0)

2019年05月30日

6月2日 そうそうの森浄水 大謝恩祭を開催します。




6月2日の日曜日、午前10時より午後3時まで

そうそうの森フューネ浄水において大謝恩祭を開催します。

そうそうの森フューネ浄水は、おかげさまでまもなく

15周年になります。

地元の皆さまをはじめ、多くのご依頼、ご愛顧をいただきまして、

誠にありがとうございます。

今回の『大謝恩祭』は3年ぶりに開催です。

屋台も今までにない数の店舗数で大変にぎやかに!

その他にも、葬儀に関するセミナーの開催や、

事前相談も承っております。


詳しくはコチラ↓
https://www.fune.ne.jp/news/entry-301.html












  

「イベント&ニュース」カテゴリーを一覧で見る

「フューネ(会社)のこと」カテゴリーを一覧で見る

2019年05月09日

真夜中のお客様

葬儀社である以上宿命はなのは24時間営業ということです。

しかしながら、正しくは「24時間体制」という言葉で表現をしたほうが

正確です。なぜならば、フューネの本社はじめ一部の葬儀会館を除き、

深夜の時間はお客様が自由に出入り出来ない状態になっているから

です。施錠をする理由としては防犯上の理由が一番ですが、朝まで

勤務するフューネのスタッフも深夜の時間帯でおいては仮眠を取る

為です。

そもそも、なぜ葬儀社が24時間体制でお客様に対応をするかというと

「お客様の緊急に対応する為」

なのです。人の死は昼夜を関係なくやってきます。そして、身内の死は

ご遺族に皆さまにとっては一大事件であり、多くの方が正常な精神状態

でなくなるのです。お客様の不安や戸惑いをいち早く解決する為に

葬儀社は24時間いつでもお客様のところに駆け付けるのです。




上記のことから、葬儀社は基本的に深夜は緊急対応以外の業務は

基本的に実施しません。

しかしながら、深夜の時間で葬儀会館までの道案内のお問合せや

供花の注文、そして施錠している葬儀会館に突然のお客様の

ご訪問等々・・・。

現実には相手はお客様ですから、可能な限り深夜でも親切・丁寧な

接客を実施しています。

残念なことに一部のお客様は「葬儀社は24時間営業なんで

時間は関係ない」という趣旨の発言をされ、緊急性のない事柄を

平気で要求をされます。

昨今コンビニエンスストアのストアの24時間営業の是非が問われて

いますが、消費者にとって24時間対応することは「あたりまえ」と

いう考えが支配をしています。便利さをお客様に提供することを

重要と考えていた私たち業者側の責任もありますが、「働き方改革」

の中で深夜の対応は一考しても良い時代の転換点にたどり着いて

いると思います。

とはいえ、葬儀社の24時間対応はすでに社会インフラの一部です。

お客様にとっても私たち葬儀社にとってもハッピーになる答えは

見つけだすこと出来るのでしょうか。













  

「フューネ(会社)のこと」カテゴリーを一覧で見る

Posted by フューネ三浦 at 13:01 │フューネ(会社)のこと

コメントをする・見る(0)

2019年04月29日

「命」の大切さを伝えること。

葬儀の仕事はお客様の人生の終わりをいかにして表現をする仕事と

言っても間違いないのですが、このことに囚われていると本当に大切な

本質を見失うことに繋がります。

本質的には「命の終わり」の現実であり、「命」が終わることは本人は

もちろんのこと、その人を知る関係者にとって悲しい現実なのです。



葬儀の現場では100歳を超えてお亡くなりになられるいわゆる大往生

と呼ばれる長寿の命を全うされた方から、この世に生を受けた日が

命日という赤ちゃんまで様々です。

単に時間の短い長いを議論していても命の価値は正しく図ることは

できませんが、100歳超えた方でももっと生きたいという願望は

ほとんどの方が持っており、「100歳だから大往生で良かった」という

自分の感じた価値観は絶対に口にすることはタブーなのです。



葬儀という仕事に従事している人が「命の大切さ」を疎かにすることは

不適格です。もしもそのような人は葬儀業界から退場をして

頂かなければなりません。

アメリカでは葬儀の仕事に従事するには国家資格を取得する

必要があります。命を扱う以上、一定レベル以上の命に対する知識と

技術が必要なのです。



自らの意思で命を絶つ方々は残念ながら、後を絶ちません。

むしろ増加傾向にあるのが悲しい現実です。

命を絶つ決断をした方は冷静さを失っているとはいえ、命の大切さを

忘れてしまっていることも事実です。

「死んでもいい」と思えるくらいな辛いことも悲しいことも起きるのも

この世の現実ですが、それでも生きていくことは神様から与えられた

使命であることは間違いのない事実です。



封建時代は「死んでお詫びをすること」が一つの美学であった

時代です。現代でも重大な犯罪を犯した人が死刑という刑罰を受けて

「死」を強制させられますが、死は償いの行為であることは様々な方が

疑問を呈しています。

どんな極悪な犯罪をした人でも親から貰った命を限りある限り

生きて償うことが、「命の大切さ」を語る時にとても賛否の分かれる

難しい問題です。

そのようなことを含めて忙しい日々を送っていく我々が「命の大切さ」

を考えることは豊かな人生を送る為にはとても重要な事柄です。
















  

「日々いろいろ」カテゴリーを一覧で見る

Posted by フューネ三浦 at 09:15 │日々いろいろ

コメントをする・見る(0)

2019年04月10日

平成時代に普及した葬儀会館

いよいよ、4月30日で平成の世も終わり、「令和」という新しい時代

を迎えます。平成時代の30年間は近代の日本において唯一、

戦乱に直接巻き込まれなかった時代であり、戦争の無い時代と

いういうのは文化レベルが発達すると共に豊かさを享受できる時代で

あったはずです。

平成時代に普及したものはたくさんありますが、大きなところでは

電話とカメラでしょうか。持ち運びが出来て映像も画像もストレスなく

受送信できる現在の世情は平成の初期には考えられないことです。

技術の進化はAIや決済も現金を必要としない世の中になる令和の時代

を予見していますが、そのインフラを構築できたのは平成の世で

あったはずです。



さて、葬儀の業界も平成の時代に革命的な変革がありました。

それは「葬儀会館で葬儀を行う」という文化が確立したことです。

弊社の一号店である葬儀会館「葬場殿」が誕生したのは

平成5年のことで豊田市では他社に先駆けて初でしたし、

愛知県内でもかなり初期のことでした。

葬儀会館ができた一年目、葬儀会館のシェア率はわずか3%で

多くの方から「ミウラさんがあんなもの作ったけど、葬儀は自宅

やお寺でやるに決まっとる。潰れれるで」

というお言葉を頂きました。

当時は自宅や寺院でお葬儀をすることが常識であり、民間の会社が

葬儀の専用会館を作る意味が残念ながらお客様には浸透

をしなかったのです。

平成の時代が終わる現代では葬儀会館での葬儀のシェア率はフューネの

場合は98%でいかに普及をしたかは説明するまでもありません。

しかしながら、「お葬式は葬儀会館でするもの」という現代の常識は

昭和の時代には全くなかったということはご理解頂きたいのです。

つまり、葬儀の歴史において「葬儀会館」は平成の時代の象徴的な

ものになのです。



令和という新しい時代には葬儀のあり方も平成の時代に生まれた常識が

覆されそうな予見が表われはじめています。

時代の変化から生まれる新しい常識にフューネという会社は絶えず

チャレンジしていきたものです。








  

「お葬式の知識」カテゴリーを一覧で見る

「日々いろいろ」カテゴリーを一覧で見る

Posted by フューネ三浦 at 13:17 │お葬式の知識日々いろいろ

コメントをする・見る(2)